ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

#80sMoviesTaughtUs 80年代の映画が教えてくれたこと

海外のTwitterで、「80年代の映画が教えてくれたこと」を意味する、「 #80sMoviesTaughtUs 」というハッシュタグが、一時アメリカのTwitterトレンド入りするなど、話題となっています。多くのTwitterユーザーが、思い入れの強い映画のワンシーンと共に、何を教わったかを面白おかしく紹介しています。


https://twitter.com/ianmoo/status/1153999637830885376
1986年公開の「フェリスはある朝突然に」から、「一日でたくさんのことができる」ということを教わったというユーザー。映画でもそうでしたが、学校をサボった日は、特にそう感じた人が多かったと思います。


https://twitter.com/MelissaM3670/status/1154873387266859008
1988年公開の「星の王子 ニューヨークへ行く」。「女王を見つけるためにクイーンズへいく」ことを教わったというユーザー。単なるダジャレですね。


https://twitter.com/Spideyfan1975/status/1154025577348763649
1986年公開の「スタンド・バイ・ミー」からは、ラストシーンの名台詞そのままに、「12歳の頃の友達は2度とできない」ことを教わったというユーザー。利害関係の全くない友達は子供の頃の宝物ですからね。


https://twitter.com/iCanHash/status/1153999513947951104
1988年公開の「ビッグ」。「願い事はする時は気をつけないといけない。とんでもない結果になることもあるから」というユーザー。


https://twitter.com/Phil16723/status/1154002347665895425
80年代を代表するホラー映画「13日の金曜日」シリーズから、「森の中に入っちゃダメ」ということを教わったというユーザー。ホラー映画がらみでは、「ほぼ殺されるからエッチしちゃダメ」というユーザーもいました。

時代関係なく、映画が教えてくれることって色々ありますよね。皆さんは映画から何を教わったのでしょうか?

※画像:『Twitter』より引用
https://twitter.com/Phil16723/status/1154002347665895425

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき