フジロック開催直前! 出発前に確認したい野外フェス持ち物リスト。

access_time folder生活・趣味
フジロック開催直前! 出発前に確認したい野外フェス持ち物リスト。


いよいよ明日から、待ちに待ったフジロック! 荷物の準備は万全でしょうか? 前日になると、どれだけ確認しても「なにか忘れているんじゃないか?」とソワソワしてきますよね。
そこで、ここでは一泊二日のキャンプフェスに必要な持ち物リストを作ってみました! 野外フェスを快適かつおしゃれに過ごすために、支度の最終確認としてチェックしてみてください!

【フェスの服装】

アウトドアシューズ

スニーカーもいいけど、サポート性の高いアウトドア用のシューズなら疲労も怪我のリスクも抑えられるのでなおよし。

・スポーツサンダル

スニーカー並に歩けるうえ涼しくて楽ちん。そのまま水にも入れるので、メインシューズとしても◎。

・レインウエア

野外フェスには雨がつきもの。リュックごと覆えるポンチョ、もしくは全身を守るなら防水のセットアップが◎!

・レインシューズ

雨が降ったら水溜りも沢山できるので防水の靴も必須。

・行動バッグ

貴重品や飲み物の持ち運びに。

・キャップ/ハット

晴れたアウトドアシーンでは熱中症の危険も! 日差し対策として。

・サングラス

紫外線対策&おしゃれにも。クルマの運転時にも活躍します。

・防寒ウエア

朝晩冷え込むアウトドアフィールドでは、夏でも防寒着が必須。薄手のアウターと厚手のアウターが一着ずつ欲しいところ。

・タオル

濡れたり汗をかいたり入浴したり、タオルは多めが吉! 雑巾として使えるボロタオルも一枚あると何かと便利です。

・着替え/下着

汚れることも想定して、替えのシャツは多めがおすすめ。
とにかく一日中、外で過ごすフェスでの服装には、防水・防寒・日差し対策が必須! フェスの達人たちは、これらをしっかり抑えつつ、色やサイズ感などの組み合わせでおしゃれにコーディネートしているようです。

 

【キャンプに必須なアイテム】

・テント

ペグとハンマーも忘れずに! グランドシートがあれば雨天時も浸水のリスクを軽減してくれます。

・チェア

休憩用にあると便利。持ち運びに便利なコンパクトなものがおすすめ。

・テーブル

テントサイトで食事をとったり、マップを開いて作戦会議!そんな時に。

・LEDライト/ヘッドライド

きらびやかなフェスでも夜道は危険! 灯りは必須です。

・寝袋/スリーピングマット

キャンプ泊でもなるべく快適に寝るために。

ドリンクボトル/コップ

水分補給はこまめに! 1人1つ、コップも用意したい。

・キャリーカート

荷物の多いときにはこれがないと、何回も大復するはめに。

・ブランケット

夜の寒さは予測不能! 一枚あると心強い。
フェスのキャンプサイトは混雑必至! 必要最低限の装備でできるだけコンパクトに! 場所を取りすぎない周りへの配慮も忘れずに。

 

【その他のアイテム】

・日焼け止め

・モバイルバッテリー

・洗面用具など

・ウェットティッシュ/汗拭きシート

虫除けスプレー

防水スプレー

忘れがちだけど、あるとないとじゃ快適さが大違いな重要なアイテム。特に、日焼け止め、モバイルバッテリー、洗面用具は必須! 忘れてしまった場合は、行きがけのコンビニなどで揃えましょう!

 

【当然忘れちゃダメ!】

・チケット

・お金(現金)

・携帯電話

・運転免許証

・保険証

もしこれらを忘れたことに気付いたら、すぐに取りに戻りましょう。自然の中で行われる野外フェスでは何が起こるか分からないので、身分を証明できるものや、怪我をしたときのための保険証は必須です。

 

関連記事リンク(外部サイト)

ザ・ノース・フェイスの代名詞「ヌプシ」のデザインを落とし込んだ機能シャツに注目!
夏の腕時計。外遊び派のセレクトと、イマ買いな注目モデル12選。
キャルオーライン×カブーのコラボキャップ第2弾は、キャンバス素材のタフ仕様に!

access_time create folder生活・趣味
local_offer
GO OUT WEBの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧