ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

約45日間充電不要の電動シェーバー「SO WITHE MINI SHAVER」登場! 超軽量で性能も申し分なし

男性の身だしなみとして欠かせない髭剃り。出張や旅行が多い人にとっては、シェーバーは悩みの種のかもしれない。自宅の使い慣れたシェーバーは重くてかさばるし、ホテルのアメニティは使い心地が心配だったりする。

そんな悩みを解決してくれるのが電動シェーバー「SO WITHE MINI SHAVER」だ。阿芙株式会社では2019年7月23日より、クラウドファンディングサービス「GREEN FUNDING」にて先行販売を開始した。

・名刺サイズで単一電池よりも軽いのに、パワフルな性能を誇る

SO WITHE MINI SHAVERは、高速モーター&三枚刃を採用しており、長期間の連続使用も可能で、防水性も兼ね備えているスグレモノ。

サイズは長さ94mm、重さ116g。ヘッドとバッテリー、パワフルモーター内蔵で、設計バランスに配慮することで軽量化に成功。単一電池よりも軽いというから驚きだ。名刺とほぼ同じサイズで、カバンの中で邪魔になる心配はない。

コンパクトだからといって、性能面も抜かりはないようだ。通常の既存製品シェーバーは約2000回転、ハイスピードでも約2500回転が一般的だが、「SO WHITE MINI SHAVER」は独自設計により5500回転のパワフルな高速モーターを実現。また刃の部分には、耐食性に優れるステンレス鋼を採用。360度回転する三枚刃仕様になっていて、剃り心地も良い。

そして、ヘッド部分はどんなひげでも捕まえるハニカムメッシュ構造になっている。ヘッドの厚さはわずか0.07mm、素材は錆び知らずのニッケルシートを使用。中心から網目が大きくなっていて、あご下や、くせ毛、短いあご髭にも対応し、剃り残しをより少なくする設計になっている。

・フルチャージから約45日間充電なしで使用可能

また、「SO WHITE MINI SHAVER」の大きな特長は、1度の充電で約45日間連続で使用可能なこと。フル充電は8時間、1日2分間使用した場合、約45日間充電なしで使い続けられる。電池残量ランプで残電池も一目瞭然だ。Type-CのMicroUSB充電対応なので、出かけ先でもラクラクチャージ。

IPX5級の防水機能を備えているので、風呂場の使用も問題なし。ウエット、ドライどちらのシェービングにも対応している。

シンプルデザインで、超軽量&コンパクトな上、性能面もバッチリカバーした「SO WHITE MINI SHAVER」。日々の身だしなみに気をつけたい男性諸氏、旅のお供にいかがだろうか。

SO WHITE MINI SHAVER先行販売
PR TIMESリリース

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき