ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

舩後靖彦(れいわ新撰組参院選・公認候補)経歴は?どうやってギターを弾くの? (stillnessのなんでも語るブログ)

 2014年には時事通信社配信の連載コラム〈「ALSそろり社会参加」12回〉を執筆した他、2015年には日経新聞社の連載コラム〈「患者の目」4回〉を執筆しました。現在は、福祉業界新聞シルバー新報の連載コラム「フナgoスタイル ALS副社長の業務日誌」を執筆中です。

【著書】
『生きる力』(岩波書店 2006年)共著
『しあわせの王様』(小学館 2008年)共著
『三つ子になった雲』(日本地域社会研究所 2012年)
『死ぬ意味と生きる意味』(上智大学出版 2013年)共著
『しあわせの王様』増補新装版(ロクリン社 2016年)
『「終活」を考える―自分らしい生と死の探求』(上智大学出版 2017年)共著
他、論文扱い雑誌寄稿/4篇

舩後さんの経験の動画を見ましたが、涙・涙です。こんな方に政治家になって欲しいと本当に思いました。別にれいわ新撰組の回し者ではありませんが、舩後さん個人を応援したいと思います!

ただこうやってネットから情報を発信するという事は結果的にれいわ新撰組を応援している事にはなりますが。。。

「木村英子・舩後靖彦(れいわ新選組)当選!バリアフリー化はいつ行われるの?」2019年7月22日『stillnessのなんでも語るブログ』
https://stillness.life/kimurahidokofunasgoyasuhiko/

どうやってギターを弾くのか?

れいわ新選組、参院選候補予定者を発表動画でも少し写っていましたが、こちらの動画をご覧下さい!凄いです!

ワタシが不自由な額や口内に貼付けた3つのセンサーを駆使して、  それにより3つ弦を持つエレキ・ギターで ” C” ” F ” ” G ” の  3つのコードを実際に弾く事により音を出すんです。  名付けて「湘南ロックンロール魂」ギターを弾くのです。

舩後ファミリーライブ

舩後ファミリーライブ webより引用


「「真実まことの友だから」 ALS患者舩後「全身麻痺でも弾けるギター」」『YouTube』
https://www.youtube.com/watch?v=IAEtjUpmFa0


「全身麻痺でも弾けるギター 舩後靖彦 2017年12月2日」『YouTube』
https://www.youtube.com/watch?v=LNypDAoa0mo

こちらのストーリー・講演会も必見です!


「舩後靖彦ストーリー」『YouTube』
https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=EU2ekQwTP2k


「舩後靖彦さん講演会「ALS告知このかた13年を語る」」『YouTube』
https://www.youtube.com/watch?v=P9-842mLVPE

筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは?(指定難病)

ALSはどんな病気?

ALSは、運動神経系が少しずつ老化し使いにくくなっていく病気です。運動神経系の障害の程度や進行速度は個々の患者さんでみな異なっています。知覚神経系は障害されないと言われています。ALS患者さんは、長い間、発症後3~5年で生じる呼吸筋麻痺や嚥下筋麻痺で亡くなる病気とされてきました。しかし、現在では呼吸の補助や経管栄養、胃ろうなどの発達により、長期に療養することが可能となってきています。呼吸の補助をしながら療養している患者さんでは、会話による意思疎通が図りにくくなることも少なくありません。そのような場合でも、残っている他の運動機能系を用いて会話以外のコミュニケーション手段が様々考えられてきています。また、ALSは国の特定疾患に指定されており、公費による医療費の自己負担分の一部や全額の助成を受けることが可能となっています。さらに、ALSの原因追及の調査研究により良い療養ケアの推進が積極的に行われています。

一般社団法人日本ALS協会より引用

ALSに罹った著名人

川島雄三(映画監督)
ルー・ゲーリック(大リーガー)
芦原英幸 (空手家)
毛沢東(政治家)
徳田虎雄(前衆院議員)
ホーキング博士(他の神経ニューロン疾患説あり)
ショスタコービッチ(露・作曲家)

まとめ

舩後靖彦(れいわ新撰組参院選・公認候補)経歴は?どうやってギターを弾くの?について記事を書きました。話題性だけでなく本当に政治を変えていくためには舩後靖彦さんのような方が政治に参加して欲しいと個人的に思います。

れいわ新撰組の山本太郎代表は、4日公示の参院選で東京選挙区から出馬せず、比例区で出馬すると発表し、比例の「特定枠」に、難病・ALSを患い「全身まひギタリスト」としても活動する舩後靖彦氏(61)を1位、脳性まひで重度障害者である木村英子氏(54)を2位として登録するそうです。

 
執筆: この記事はさんのブログ『stillnessのなんでも語るブログ』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2019年7月24日時点のものです。

前のページ 1 2
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき