ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

モノ選びの達人の「安くて、よかった」愛用品10選。

モノ選びの達人の「安くて、よかった」愛用品10選。

フェスやキャンプなど、何かと出費のかさむ夏だからこそ、機能性やデザインを兼ね備え、かつコスパの良いモノを選んで賢くお買い物したいですよね。
ということで、モノ選びの達人たちの「安くて、よかった」アンダー1万円の愛用品10点を拝見。ぜひお買い物の参考にしてみてください!

01. F/CE.®のショルダーバッグ。

パッカブルショルダーバッグ 購入価格 ¥9180
50デニールのリップストップナイロンをベースにしたF/CE.®(エフシーイー)の軽量ショルダーバッグ。「出張先でめちゃくちゃ重宝してます。必要最低限の荷物と一緒に、ノートPCまで収納できるサイズが便利!!」。

久世直輝(フリーランスPR、ミュージシャン)

ジャーナルスタンダードのプレスを継続しつつ、フリーランスで活躍。ループマシーンを用いたミュージシャンとしての顔も持ち、都内を中心に活動中。

 

02. BACHのダッフルバッグ。

マジックダッフル1 購入価格 ¥9720
パッカブル仕様で気軽に持ち歩けるBACH(バッハ)の2WAYダッフルバック。「海外旅行用のサブバッグとして入手したけど、軽くて使いやすいので、1泊程度の国内旅行ではメインバッグになっています」。

アクタガワタカトシ(クリエイティブディレクター)

本誌連載LBOTをはじめ、様々なクリエイティブ製作に関わる。企画・デザインを行っているアウトドア向けバッグ、CWF の新ラインナップがいよいよ発売開始。

 

03. SEA&SEAのフィルムカメラ。

モーターマリンII 購入価格 ¥6000
すでに廃盤の、SEA&SEA(シーアンドシー)の水中撮影用フィルムカメラ。水深45mまで対応し、内蔵フラッシュやモーター式の自動フィルム巻き上げ機能も搭載。「友人の波乗りを撮影するだけでなく、街でも普通に活躍中」。

猿渡大輔(GORDON MILLER PR)

ガレージライフスタイルブランド、ゴードン ミラーのPRなどを担当。最近は波待ちのサーファーの間にカメラを持って泳ぎ、サーフフォトの練習を積んでいる。

 

04. SUPERWAYのLEDランタン。

LED充電式キャンピングランタン 購入価格 ¥3500
3種類の照明色を調整できるSUPERWAY(スーパーウエイ)のLEDランタン。防水仕様なので海や山でアクティブに使用可能。「モバイルバッテリーとしても使えるし、子どもがはしゃいで倒したり落としたりしても安心」。

野村剛司(nanamica ゼネラルマネージャー )

ガナナミカとザ・ノース・フェイス パープルレーベルの企画とプレスを兼務。今年の秋にはナナミカ初となる海外直営店をニューヨークにオープンする予定。

 

05. MONTANEのアノラック。

フェザーライトスモック 25th限定モデル 購入価格 ¥9800
ウインドシェルの草分けのMONTANE(モンテイン)を代表する20年前のモデルの完全復刻版。「マテリアルに頼らず、無駄を一切省いたUL的設計思想は、名作の名に恥じない。古さは無く、むしろ最先端」。

Jackieboyslim(jindaiji mountain works ギアクラフトマン)

自身のアウトドアライフに基づいたブランドJMWを本格始動。さらに“ゼロ年代ULオールドスクール”がテーマの実験的レーベル、ハイクデリックも新たに展開。

 

他にもまだまだ! No.06〜10は、次ページをチェック!

 

 

06. TAKARA TOMY A.R.T.Sのブルートゥーススピーカー。

レコードスピーカー 購入価格 ¥5378円
音楽データをレコード風に再生する、TAKARA TOMY A.R.T.S(タカラトミーアーツ)の手の平サイズのブルートゥーススピーカー。「針を落とすとレコードが回転します。先日のキャンプで、なにそれって言われ、気持ちよかったです(笑)」。

松下 圭(BEAMS プレス)

ビームスのメンズプレスとして活躍中。「昨年、子どもが生まれたので、休日は子どもと過ごすのが楽しみ。なので今年はフェス参戦も控えめになるかも?!」。

 

07. PLAYDESIGNのバッグ。

ダッフルバッグ 購入価格 ¥4860
ポリプロピレンでラミネート加工されたPLAYDESIGN(プレイデザイン)の大型ダッフル。防水性に優れているため水遊びにも対応。「気軽にザックリと使えるバッグを探していた時にひと目惚れ!! お手軽な価格も魅力です」。

堀西晃弘(Orange マネージャー)

和歌山のアウトドアショップ、オレンジのマネージャー。釣りと料理が趣味で、 休日は夜な夜な海に繰り出して、ナイトフィシングライフを満喫している。

 

08. BUMPY FINISHのテーブル。

ウッドテーブル 購入価格 ¥10000
ハンドメイドのカッティングボードが話題のガレージブランド、 BUMPY FINISH(バンピーフィニッシュ)のテーブル。「世田谷物作り学校のウルトラギアマーケットで購入。八ヶ岳が彫り込まれた傑作」。

ターザンAQZAWA(ALDIES ディレクター)

アールディーズとエルドレッソのデザイナーとして活躍。トレランとマラソンにどっぷりハマり、7月にはゴールドコーストマラソンで自己新記録に挑戦予定。

 

09. RIMOWAのワインケース。

ワインケース 購入価格 ¥9000
80年代にリリースされたRIMOWA(リモワ)のワイン運搬用のケース。「確か定価は7万円ほどだけど、ベルギーの蚤の市で破格の値段で発見。内側に緩衝材を付けて、カメラのキャリーケースとして使用中」。

ミズグチケンジ(冒険用品 代表)

旅のウエアなどを追究するブランド、冒険用品の代表。「今はカナダのユーコン川のカヌー旅が楽しみ。年末には10回目となるアマゾン川まで行く遊びに行く予定」。

 

10. QUATTRO LANTERNのランタン。

クアトロランラン 購入価格 ¥5184
QUATTRO LANTERN(クアトロランタン)の“クアトロ”というネーミング通り、ランタン、LEDライト、サーキュレーター、モバイルバッテリーの4つの機能を搭載。「クルマの中で使っているけど、車内のインテリアにもグッド」。

内田 優(DONA 社長代行 )

よく喋る会社、ドナのセールスレップ。北は北海道、南は沖縄まで全国各地を駆け巡っている。セレクトショップ、フリッジ セタガヤの店頭に立つことも。
Photo/Shouta Kikuchi
Text/Masatsugu Kuwabara、GO OUT 編集部

 

GO OUT vol.118には「買って、よかった」高コスパアイテムがまだまだ!


絶賛発売中のGO OUT vol.118には、この他にもモノ選びの達人たちが愛用する高コスパアイテムが満載! さらに、夏フェスファッションレポートや、夏のアウトドアにうってつけのアイテムを多数掲載しているので、気になった人は下記の販売サイトほか、全国の書店やコンビニを今すぐチェック!
■OUTDOOR STYLE GO OUT vol.118 定価 ¥780

 

関連記事リンク(外部サイト)

ザ・ノース・フェイスの代名詞「ヌプシ」のデザインを落とし込んだ機能シャツに注目!
夏の腕時計。外遊び派のセレクトと、イマ買いな注目モデル12選。
キャルオーライン×カブーのコラボキャップ第2弾は、キャンバス素材のタフ仕様に!

GO OUT WEBの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき