ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ワニ×ハリケーンの脅威を描くサバイバル・スリラー『クロール -凶暴領域-』日本公開 サム・ライミが製作を務める[ホラー通信]

クロール -凶暴領域-

サメ映画もいいけどワニ映画もね!

ホラーの名匠サム・ライミが製作を務め、『ヒルズ・ハブ・アイズ』『ピラニア3D』のアレクサンドル・アジャが監督を務める『クロール -凶暴領域-』が10月11日に日本公開。ハリケーンによって大量発生したワニの脅威を描きます。

大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、彼女もまた、何ものかによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう。思い出の我が家は、ワニの巣窟になっていたのだった――。

日本公開情報と併せて早速予告編が解禁となりました。ハリケーンの迫力とワニの脅威があわさって壮絶な状況になっていますよ。

ワニ相手に「カモン、サノバビッチ!!」と息巻くパワフルなヒロイン、ヘイリーを演じるのは、2019年カルティエの新モデルに抜擢され、『メイズ・ランナー』シリーズや『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』にも出演したカヤ・スコデラリオ。ヘイリーの父親役は『プライベート・ライアン』などで知られるバリー・ペッパーです。

繰り返しますが日本公開は10月11日。暑さも落ち着いているであろうこの時季に、恐ろしいワニホラーで冷や汗をたっぷりとかこうじゃありませんか。

『クロール -凶暴領域-』
■監督:アレクサンドル・アジャ
■製作:サム・ライミ 
■キャスト:カヤ・スコデラリオ、バリー・ペッパー
■全米公開:7月12日(金)
■PG-12 ■原題:Crawl ■配給:東和ピクチャーズ

(C) 2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

記事中の画像やリンクがすべて表示されない方は『ホラー通信』掲載の元記事をご覧ください – https://horror2.jp/

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき