あのオンラインシューターRPG『The Division』開発元のテクニカルディレクターが作った、”もしも”の80年代”後半”風短編STG『Death Strike』

access_time create folderゲーム
d_strike_01_division

『レインボーシックス』、『ゴーストリコン』、『スプリンターセル』と言った、いわゆる”トム・クランシー”シリーズの最新作にして、初のオープンワールド兼オンラインRPGとして、2016年にユービーアイソフトより発売された『The Division(ディビジョン)』。2019年3月15日には続編『The Division 2(ディビジョン2)』も発売され、海外のみならず日本国内でも話題を呼んでいる。

同作の開発を担当したのが、スウェーデン南部のマルメに拠点を置く「Massive Entertainment」。そんな同社、並びにユービーアイソフトのサービスプラットフォーム「Uplay」のテクニカルディレクターを務めているOlof Naessen氏は、”Darkbits”名義で趣味として作ったアクションゲームやロールプレイングゲームなどを自らのWebサイトで無料で公開している、個人開発者の一面も持つ人物である。
d_strike_02

その同氏が昨今、作り上げた新作が今回紹介する『Death Strike』である。2019年4月6日、丁度『The Division 2』の発売から1ヶ月が経とうとしている頃にリリースされた。「itch.io」にて無料でダウンロードできる。

”もしも”1980年代後半、こんなシューティングゲームがあったら……?

舞台となるのは遥か彼方の銀河。平和な恒星系が邪悪な敵による攻撃を受けていた。敗北を繰り返し、窮地に追い込まれた惑星防衛軍は、この危機的状況を打開するべく、エースパイロット「Death Strike」による電撃作戦を考案。すぐさま当人が召集され、混迷を極める戦場へと投入された。果たして、防衛軍はこの作戦で勝利を得られるのか……というのが物語のあらましである。
d_strike_03

内容は強制横スクロールで描かれる、ステージクリア型シューティングゲーム。エースパイロット「Death Strike」が搭乗した自機を操縦して、惑星防衛軍を追い込んだ邪悪な敵が待ち受ける全四つのステージ攻略に挑む。

全体的に1980年代にアーケード界隈、家庭用ゲーム機で名を馳せたシューティングゲームを下地にしていて、グラフィックは8ビット風のドット絵、音楽と効果音はFM音源風であるなど、あの頃らしさを意識した作りになっている。実際に制作者も80年代、特に後半(1985~89年)にあったかもしれないゲームを意識して本作を作り上げたことをTwitterやitch.ioの作品ページにて綴っている。

d_strike_04
▲ゲームを始めると既視感のある起動画面が……。

システム周りもその頃特有の”古臭さ”を意識。被弾すれば即、撃墜されるルールは昨今のシューティングゲームにおいてもお約束だが、本作ではいわゆる”その場での復活”も不採用。撃墜されれば全てのパワーアップを失い、ステージの途中からやり直しになる。そのため、撃墜(ミス)のリスクは大きめ。敵の攻撃を的確によけ、倒すことが求められるバランスだ。
d_strike_05

また、攻撃は前方と後方それぞれに撃てるようになっていて、これにちなんだ後方から迫りくる敵を迎撃する場面が用意されている。

さらに攻撃はゲーム開始時点では一種類だが、ステージが進むと新たな装備が追加。対応するボタンを押せば、その武器へと切り替えられる。数にして三種類と少ないが、いずれも特定の場面や敵に応じて効果を発揮し、使い方によっては難易度も上下。さらにステージが進む度に選択肢が増えることから、起伏のある展開が描かれ、構成に華を添える要素として機能している。
d_strike_06

1 2次のページ
access_time create folderゲーム
もぐらゲームス

もぐらゲームス

もぐらゲームスは、ゲームプレイヤーとゲームクリエイターのためのWEBサイトです。 フリーゲーム、インディゲーム、アナログゲームを中心に、個人クリエイターや小規模なクリエイター集団が制作したゲームの紹介や、インタビューを行っています。

ウェブサイト: http://www.moguragames.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧