SF短編ノベル『Eternal』17歳の女性宇宙飛行士と人工知能の地球帰還までの退屈で静寂な30日間の記録

access_time create folderゲーム

宇宙開発が発展し、人類の宇宙進出が一般的なものになったという時代。SF作品定番の設定で、今日もそれを題材にした娯楽作品は続々と誕生している。現実の宇宙開発は有人宇宙飛行や旅行が実現するほどに及んではいないが、それらの作品が描いた未来を現実にするための動きは世界規模で進んでいる。
eternal_01

そんな宇宙開発が進んだ未来を舞台とした作品で、昨今出て間もないSF短編ノベルゲーム『Eternal』を今回は紹介する。2019年4月26日にWindows PC、Android用フリーゲームとして公開された作品だ。前者はフリーゲーム配信サイト「ふりーむ!」で、後者はGoogle Playストアよりダウンロードできる。開発環境はUnityで、ビジュアルノベルゲーム作成ツール「宴」を用いて制作されている。

地球帰還までの30日間、彼女は退屈な日々を過ごす。

eternal_02
eternal_03

2102年の未来。主人公で宇宙飛行士の「ハル」は、史上最年少となる17歳で有人惑星探査を達成。降り立った惑星「ロールド」でのサンプル採取ミッションに従事し、瞬く間に遂行した。その後、彼女は宇宙船「アムリッタ」へと戻り、地球への帰路に着く。ロールドから地球までの距離は平均30日。それまでの間、彼女は宇宙船の人工知能「テラ」と共に、ミッションの成果をまとめたレポートを書きまとめ、時に今後の人生のことも考えながら、30日間の日々を送っていく。
eternal_04

物語のあらましはこの通りだ。手短にまとめれば、少女と人工知能しかいない、宇宙船内での30日間の模様を眺めていくだけ。宇宙飛行士の設定から、未開の惑星に降り立って探査する展開を想像するかもしれないが、その目的はオープニングで早々に終了。以降の”帰り道”が本編という、やや意表を突いた内容になっている。

なので、全体的に起伏のない展開が大半を占める。というか、ほぼ同じことの繰り返しである。レポートを作ったり、テラと会話したり、食事したり、就寝したり……。退屈、と言われても仕方がない日々の様子が続いていく。

ゲームシステム周りでも特筆すべき機能、要素はない。基本的に会話を読み進め、時々現れる選択肢を選んで物語を追っていくだけ。ノベルゲームとしては至って普通の作りだ。

退屈な日々の先に待つ、思わぬ”仕掛け”と増えていく”謎”

本当にそれだけなの、と言われれば”イエス”だ。
特に登場人物はハルとテラ以外にいない。厳密にはオープニングに「コバヤシ」と呼ばれる上官が出てくるが、それっきりで、以降は登場しなくなる。ついでに言うなら、テラは人工知能なので、人間のキャラクターもハルだけだ。まさに”ひとりぼっち宇宙船”である。なんだか、どこかで聞き覚えのある表現だが、気にしてはならない。
eternal_05

なので、率直に言って物語としては非常に退屈。起伏のない展開が続くので、プレイヤーの根気が試される内容になっている。実際にハルもこの何ら変化のない日常に退屈する素振りを見せる場面があるので、思わず共感してしまうほどだ。

しかし……である。選択肢が登場するようになってから、次第に物語全体に不穏な空気が立ち込めてくる。少しネタバレするが、最初に登場する選択肢は大したものではない。単に思ったことを素直に選ぶだけのものだ。
eternal_06

だが、次の選択肢からはプレイヤーの好奇心を刺激するものに。同時に本編でも、ある”疑念”が生まれる。ハルもそれに気付き、どのようにするかを考え、選択肢という形で決めることになる。
eternal_07

選んだ末に何が起きるのか。それは実際にその目でご覧いただきたい。一つ言うならば、物語全体の”退屈さ”が吹き飛ぶ。特にハルの考えに同調し、思うがままに該当する選択肢を選べば、確実にそうなるはずだ。

そして以降、”30日目への到達”に尽力するだろう。だがその間、序盤で生じた疑念はどんどん膨れ上がる。物語に対しても”退屈さ”以上に”謎”が増していく。
eternal_08

1 2次のページ
access_time create folderゲーム
もぐらゲームス

もぐらゲームス

もぐらゲームスは、ゲームプレイヤーとゲームクリエイターのためのWEBサイトです。 フリーゲーム、インディゲーム、アナログゲームを中心に、個人クリエイターや小規模なクリエイター集団が制作したゲームの紹介や、インタビューを行っています。

ウェブサイト: http://www.moguragames.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧