戦闘機とロボット、それぞれのレーザーで敵をせん滅せよ!ツインスティック”レーザー”STG『ジェミニアームズ / GeminiArms』

access_time create folderゲーム

1980年代にハドソン(現:KONAMI)より発売され、全国規模で「ハドソン全国キャラバン」なるゲーム大会が開催されるほどの熱狂を呼んだ、いわゆる”キャラバン系”シューティングゲーム。それらにインスパイアされた作品をスマートフォン、パソコン向けに制作し、お披露目してきたのがセキュリティエンジニアであり、個人ゲーム開発者のてらりん氏だ。

当もぐらゲームスでも、それらの中で『Image Striker』『Moon Striker』『Missile Dancer』三作品のレビュー記事を過去に掲載した。
geminiarms_01

そんな氏が手掛ける最新作が2019年4月6日、丁度「TOKYO SANDBOX」の開催時期に産声をあげた。同イベントのレポート記事でも少しだけ紹介した、『ジェミニアームズ / GeminiArms』だ。改めて、今回の単独記事でその詳細を掘り下げる。

戦闘機とロボットに変形し、迫りくる敵を撃ち落とせ!

人類が宇宙に進出し、日常を送るようになって50年。地球上で度々繰り返された資源を巡る争いは、宇宙においても変わらず続いていた。特に宇宙にて誕生した人類と、地球で誕生した人類との確執は根深く、衝突が相次いだ。争いは激化の一途を辿り、ついには地球側の連邦軍がスペースコロニーを破壊可能な巨大レーザー兵器を開発。多数の犠牲者を出しかねない深刻な状況に陥る。宇宙側はこれを打破するべく、極秘裏に開発されていた最新兵器「ジェミニアームズ」を投入。レーザー兵器破壊へと乗り出した…。

このような世界観を下地とする本作は、パソコン(Windows)用シューティングゲーム。過去に取り上げた三作は、いずれもスマートフォンとパソコンの二つで供給・販売されたが、本作は前者のみ。販売ストアも「Steam」だけとなっている。
geminiarms_02

ゲームの作りも過去三作から一新。(事実上の)十八番たる縦スクロールではなく、横スクロールになっている。流れは迫りくる敵を撃墜しながら、ステージ最後に待ち構えるボスを目指す、王道のステージクリア方式だが、スクロール方向が縦ではないのもあって、やや趣の異なる遊び心地になっている。

そして、ユニークなシステムが搭載されている。一つに強制同時プレイ。本作でプレイヤーが操縦する自機「ジェミニアームズ」は二機編成の機体で、片側はコンピュータが自動で操作し、もう片側はプレイヤーが直接動かす仕組みになっている。これにより、シングルプレイ時でも常にコンピュータ側自動操作によるサポートが行われる中で敵と戦う、風変わりな戦術性が描かれている。
geminiarms_03

おまけに自動操作の機体は無敵。絶対にやられない。だが、自ら進んで敵を倒しに向かってくれるほどの万能サポートはしてくれない。あくまでもプレイヤーの攻撃を補助する程度だ。他のシューティングゲームで例えるなら、追従型のオプションに等しい。なので、基本的にはプレイヤーの実力が試されるバランス。賢すぎると、そちらに頼ってばかりの”社長プレイ”になる問題も考慮した、適度な落としどころに収めた設計になっている。

もちろん、自動操作の一機をもう一人のプレイヤーが直接操作する、二人同時プレイにも対応(※ローカル限定)。その場合はより自由に行動できるようになり、無敵も取っ払われる。さらに役割分担する場面が生まれるなどの戦術面の変化も生じ、シングルとは異なる、協力してステージを攻略していく面白さが味わえる。このような、一人でも二人でも楽しめる余地が設けられているのも見所の一つだ。ちなみに参加方式はゲーム開始時から、途中からの二つ。タイミングを計るのもプレイヤー任せだ。
geminiarms_04

自機に関しては、ユニークなシステムの二つ目、三つ目に当たる「二つの形態」、「合体」も見所。前者は言葉通り「戦闘機」、「ロボット」の二つに変形するもので、本作では状況に応じてそれらを切り替え、敵の軍勢に対応していくのが基本戦術になる。各形態も「戦闘機」は移動速度が早い一方で攻撃方向が直線限定、「ロボット」は移動速度が遅い一方で攻撃を360度全方向に照射できるのに加え、地面や壁などの地形に接触しても撃墜されないなどの特徴を持ち、全く異なるプレイ感を演出。
geminiarms_05

1 2 3次のページ
access_time create folderゲーム
もぐらゲームス

もぐらゲームス

もぐらゲームスは、ゲームプレイヤーとゲームクリエイターのためのWEBサイトです。 フリーゲーム、インディゲーム、アナログゲームを中心に、個人クリエイターや小規模なクリエイター集団が制作したゲームの紹介や、インタビューを行っています。

ウェブサイト: http://www.moguragames.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧