ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

参加型ホラーゲーム『祈念寫眞』公開、ドイツ語ネイティブ声優起用ノベルのボイスサンプル公開 ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題は新作ホラーゲームの公開など2本です。

ホラーアドベンチャーゲーム『祈念寫眞』公開

kinenshashin-1
kinenshashin-2
kinenshashin-3

ホラーアドベンチャーゲーム『祈念寫眞』が10日、フリーゲームとして公開された。RPGアツマールで公開されており、PCおよびスマートフォンでプレイ可能。

フリーゲーム制作者など多数のクリエイターの共同制作による作品。写真を撮ってポイントを集められるスマートフォンアプリ「祈念寫眞」を使い始めた中学生の仲良し4人組が非日常へと踏み込んでいき、楽しかった撮影がどんどん恐怖に変わっていく。

システムとしてはアプリからの写真撮影ミッションをクリアしていくほか、RPGアツマールの非同期通信機能を利用して落書きを他のプレイヤーと共有するシステムも特徴。“参加型ホラーゲーム”と謳われている。

ビジュアルノベル『Summer!』作品ページ開設、ボイスサンプル公開
summer

同人ゲーム制作サークルSEAWESTは7日、ビジュアルノベル『Summer!』の作品ページを開設した。

フリーゲームとして公開されているノベルゲーム『春の日に道が続く』の続編。前作から2年半が経ち高校生になった主人公の少年「昇」と、夏休みにドイツから帰ってきた前作のヒロイン「小真(こま)」、その友人「ハンナ」という3人による物語を描く。

小真とハンナの台詞はフルボイスとなっており、ハンナのボイス担当にはドイツ語ネイティブの声優を起用。ハンナは挨拶以外の日本語が話せずドイツ語で話すが、昇には聴き取れないので作中テキストに台詞が表示されず日本語訳も出ないというのが大きな特徴。異文化コミュニケーションを実感できるという仕掛けとなっている。

コミックマーケット96にて頒布予定。作品ページにはボイスサンプルも掲載されている。

関連記事:

多人数視点推理サウンドノベル『朱き炎の悲歌』体験版ダウンロード開始 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス
危険行為推奨系弾幕シューティング『Graze Counter』体験版公開 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス
ミステリーアドベンチャーゲーム『シロナガス島への帰還』パッケージ委託販売開始など ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき