ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

劇団四季の大人気ミュージカル『ライオンキング』東京公演で、スマートグラスを使用した多言語字幕サービス

これまでに数々の感動作品を送り出してきた日本を代表する劇団、「劇団四季」。中でも大人気のミュージカル『ライオンキング』は、初演から20年以上も多くの人に愛され、前人未到のロングラン上演を続けている。

そんなミュージカル『ライオンキング』の東京公演において、スマートグラスを使用した多言語字幕サービスを開始することが決まった。

舞台から目を離さずにハンズフリーの観劇を

劇団四季とエプソン販売株式会社、株式会社イヤホンガイド、エヴィクサー株式会社は、7月17日(水)より、ミュージカル『ライオンキング』の東京公演においてスマートグラスを使用した多言語字幕サービスを開始することを決定した。

対応している言語は、英語、中国語、韓国語、日本語の4つ。このサービスの導入によって、訪日外国人観光客もこれまで以上に舞台を楽しむことができるようになる。また、聴覚障がい者の方の観劇を支援する施策にも活用されるとのことだ。

今回の取り組みは、エプソンのスマートグラス MOVERIO(モベリオ)『BT-350』を用いて行われる。また、同機器の貸出と運用についてはイヤホンガイド、字幕表示に関わる音響通信技術「Another Track(R)」の開発と提供についてはエヴィクサーが実施する。

貸出開始は7月17日から! 以降全公演で実施

貸し出し期間は7月17日(水)の18:30公演から開始され、料金は1,000円(税込/当日現金支払い・要保証金3,000円)となっている。

首都圏公演での、多言語字幕サービス導入は今回が初めてで、北海道、福岡、大阪に続く4都市目の実施となる。

今回の取り組みで、今まで以上に多くの人が本作品を楽しむことができるようになる。ロングラン上演はまだ続きそうだ。

PR TIMES

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき