ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『インファナル・アフェア』の名優たちが“ほぼノーギャラ”で出演した理由とは?『誰がための日々』ウォン・ジョン監督インタビュー
  • 『インサイド・ヘッド』光る“感情”の秘密とは? ピクサーが挑み続けてきた軌跡をズラリご紹介
  • ふかみんの映画研究室:2017年公開映画の期待度ナンバーワンはディズニーによる実写版『美女と野獣』
  • “途切れた記憶”から謎を解き明かす! 戦慄の記憶ミステリー映画4選
  • あなたが私にくれたもの……何度も届くヤバいギフト 連続贈り物スリラー『ザ・ギフト』戦慄の予告編
  • レトロ可愛い世界観にキュン! 映画『繕い裁つ人』オール神戸のロケ地をご紹介
  • クリス・プラット、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』はさらに優れた作品だと語る
  • ダン・スティーヴンスとクリストファー・プラマーが出演するチャールズ・ディケンズの自伝映画、ブリーカー・ストリートが権利を獲得
  • ウィル・スミス主演、アン・リー監督の映画『Gemini Man(原題)』、2019年に公開へ
  • 思わず涙ぐむ男性続出? 『ジャッジ 裁かれる判事』 主演ロバート・ダウニーJR.「脚本でも泣ける」
  • 目が覚めたら……“女”になってる~!? 狂気のドクターによる強制性転換 ミシェル・ロドリゲス主演『レディ・ガイ』予告編[ホラー通信]
  • 葛飾北斎の娘・お栄を凛々しく描いた『百日紅~Miss HOKUSAI~』原 恵一監督インタビュー
  • ブラッド・ピット、作家トニー・クシュナーと共に医療ドラマ『He Wanted the Moon(原題)』の製作開発へ
  • 伝説的“麻薬王”の光と影を描く衝撃のクライム・アクション『エスコバル 楽園の掟』
  • もともと『FROZEN』というタイトルだった『アナと雪の女王』 ヒットは邦題のおかげも?
  • もしもステイサムが『LIFE!』の主演だったら? 人生を全身全霊で生き抜く秀逸映像が登場!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

【ボクシング】村田諒太がブラントの”危うい”パンチ力に勝てた理由

【ボクシング】村田諒太がブラントの”危うい”パンチ力に勝てた理由
2R 中盤にダウンを奪った村田。そこから怒涛のラッシュでTKO勝利

 7月12日(金)、エディオンアリーナ大阪で『WBA世界ミドル級タイトルマッチ』が行われ、挑戦者で同級3位の村田諒太(33=帝拳)が王者のロブ・ブラント(28=米) を2回2分34秒、TKOで下し、ベルト奪還に成功した。
 村田は試合後に解説席で振り返り、1Rから攻めて来たブラントに対し「前回の試合の時は全然パンチ力を感じなかったのですが、きょうは初めから腰入れて打って来たのでパンチ力を感じて危ういな、と思いました」と語る。
 1R1分20秒あたりで村田はブラントの右フックと右ストレートを続けて被弾し、左頬骨あたりが赤く腫れた。1R前半はほとんど手を出さなかった村田だが後半に向け反撃。ボディで動きを鈍らせ、上下打ち分け徐々にペースを握った。
怒涛のラッシュを見せる村田

 ボディブローが勝負の鍵を握った印象があるが、それが作戦通りだったかという質問に「作戦というよりは相手に(身体を)起こされないためです。カルロス(トレーナー)が僕の試合を何回も見てお前、起こされてるからダメだと言われて。それがうまくハマったと思います」と身体の姿勢について改善したことを上げた。
 トレーナーのカルロスとは元世界3階級王者のホルヘ・リナレス(33)の弟で、元日本ミドル級1位のカルロス・リナレス(30)だ。今回のブラント戦で村田のトレーナーの一人として共に練習して来た。

 
身体が起こされるとは、本来の構えよりも腰が浮き、顎が上がり、背中が伸びた状態。相手の圧力や攻撃でそうなりやすく、体軸がぶれ、力が入らず、本来の村田のパワーパンチが出ない。そこで相手の攻撃にも起こされない練習を積み試合に挑んだ。ブラントの序盤の猛攻に若干バランスを崩すシーンもあったがすぐに修正。左右のボディブロー、そしてボディストレート。そこから得意の右でブラントの顎を撃つなど村田ペースで試合が進んだ。2Rで右フックでダウンを奪い、最後は連打でTKOにつなげた。ペース配分考えず、1R目からガンガン行きたいという村田の試合前の意気込みもプラスしたと思えるが、それもしっかりとした姿勢からのパンチがあってこそだ。
ベルトを奪い返した村田

 負けたブラントは「前回より村田は変わっていた。右のパンチの角度、そしてバットを振るようなパンチもあった。打ち合いの中で効いてしまった」と前回よりもパンチに変化があったと話している。

 テレビのゲスト解説の世界WBA&IBFバンタム級王者の井上尚弥(26=大橋)は「村田選手は頭がいいので9ヶ月前の戦いから変えて来るだろうと思っていました」とコメントしている。
 以前より村田は研究、分析タイプで徹底した戦略を練り直すため再戦に強いとも言われていたが、共に勝利に向かい、考え、練習してきた『チーム帝拳』の存在も大きい。この愛すべきチームに村田は勝利後に感謝の言葉を贈った。

関連記事リンク(外部サイト)

【ボクシング】藤岡奈穂子、天海ツナミと“女子頂上決戦”で意地のドロー防衛
【ボクシング】村田諒太が怒涛の1分ラッシュでTKO勝利、ブラントからベルト奪取
【エンタメ】これでお悩み解決? “はじめの一歩”が1コマでコーチング! 那須川天心に勝ちたいと相談してみた

イーファイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき