ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

TOKIO城島茂、松岡昌宏、ジャニーさんに向け明るく「本当に感謝してもしきれない」

今回はなんか、ちょっと浮かれた感じでは書けないです。お許しください。つい先日、9日のことですが、ジャニーズ事務所の代表取締役社長であるジャニー喜多川さんが亡くなられたばかりのことですから。テレビでも連日報道、改めてこれまでの功績を称えるとともに、その別れを忍びながら、これからも奮闘を続けることを、ジャニーさんに約束するジャニーズアーティストの声が聞かれています。

そして今日、ご紹介するこの方たちも、思いを告げられました。それはTOKIOの城島茂さん、松岡昌宏さん。お二人は12日に行われたイベント『「ふくしまプライド。」新CM発表会2019』に出演、イベント終了後の去り際に、松岡さんは「僕らを生んでくれた親ですから、本当に感謝してもしきれない。うちのタレント全員、同じ気持ちだと思います。今日もそうですが、僕らがこんな風にお仕事をさせていただくことが、ジャニーにとって何よりの供養だと思っておりますので、僕らはこれからもプレイヤーとして、ジャニーに教えてもらったことを貫くだけ」とキッパリ自分の思いを語られました。

城島さんは「ジャニーズのタレント一同は社長に見出され、そのおかげで今この場所にいるんだから、やっぱり恩返しになるのは“自分たちがこれからも頑張っていくこと”。また、単純でありきたりかもしれませんが“笑顔で頑張っていくこと”。これがジャニーズのアイドルの使命じゃないかなと。本当にいろんなエンターテインメントの思いとか、何を届ければいいのかとか、考えながら頑張っていけたらなと思っています」と、お悔やみの心を胸の奥にしまいながら、これからの道のりに向けた意気込みを、しっかりと語られました。

ジャニーさんへの送り出しは、所属タレントによる“家族葬”が行われる予定で、これについて松岡さんは「明るく笑って。(ジャニーは)しんみりしたのは多分苦手だと思いますので、みんなそれぞれの気持ちはあるでしょうが、笑顔で送り出したい」とコメントされました。

福島県産農林水産物の安全と魅力をアピールするCMキャラクターに就任して、今年で8年目となるTOKIO。彼らは震災前にも福島浪江町にDASH村(日本テレビ系バラエティ『鉄腕DASH』より)を作り、番組を通して農業などを行い、長きにわたって信頼関係を結んできました。そしてこの日も、お二人は終始笑顔で元気よくPRを行われていました。

城島さんは「先日、19年目となる米作りをメンバー総出で、農家のみなさんとやってきました。今年も良い米ができるんじゃないかなという思いです。普段は都内や、ロケで全国各地回っているけど、福島に来ると“帰ってきた”という気持ちになります」としっかりコメントし、福島愛を元気にアピール。一方で松岡さんはそのスラスラと言えたコメントについ「よくもまあ噛まずに…ジャニーさんも喜んでいるでしょう」などとポツリ。城島さんも併せて「ジャニーさん、頑張っているよ」と天に向かって笑顔を見せていました。

昨年はTOKIOにとって大きな困難が続いた年でありましたが、それでもその難儀を乗り越えたのは、ジャニーさんの支えも大きな助けになったことは、想像に難くありません。そして福島県とTOKIOという大きなつながり自体も、そのジャニーさんがTOKIOを支えてきたことがあってのことでしょう。その長きにわたる信頼関係に対し、この日のイベント開始のあいさつで、内堀雅雄福島県知事は、そんな関係を作る大元を築き上げてくれたジャニーさんへ、改めて感謝の気持ちを伝えるとともに、逝去へのお悔やみの言葉を述べられていました。

人との別れはつらいものでありますが、確かに松岡さんがおっしゃられたように笑顔、これこそジャニーさんの本意であるようにも思えます。この日のイベントでは、故人を偲びつつもその悲しみを乗り越えるよう、終始笑顔があふれておりました。ジャニーさんへのお悔やみを申し上げるとともに、改めて福島の皆様、そしてTOKIOの、これからのまずますのご健勝を期待したいと思います!

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき