ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

イスタンブールでは、今「シリア料理」がアツイ!おすすめの3品と2店舗をクローズアップ

ファラフェル
トルコ最大の都市イスタンブールで、ここ最近注目を集めているシリア料理。トルコ料理よりも素朴でどこか懐かしく、日本人にも食べやすい味付けが魅力なシリアの料理を、イスタンブールで試してみませんか?おすすめの料理とお店をご紹介します。

どんどん増えるシリア人

数年前までは街でアラビア文字の看板を見かけることは少なかったイスタンブールですが、ここ最近になってシリア人が経営するレストランやホテル、ホステルなどが増えてきています。

アラビア文字の看板
シリア国内や周辺諸国の情勢の悪化を受け、国外で生活することを望むシリア人の一部は、自国と国境を接するトルコに流入しました。イスタンブールの中でも物価がやや低い、ファティフ地区のアクシェムセッティン付近には、多くのシリア人が住みつき、コミュニティーが形成され、瞬く間に「イスタンブールのアラブストリート」になりました。どうにか生計を立てていこうと考えた彼らは、シリア料理のレストランやアラブ人向けのツアー会社を経営したりしながら、異国の地で暮らしているのです。

「ザ・ガイド・イスタンブール」というイスタンブールの流行りやカルチャーを紹介する雑誌でシリア人が経営するレストランの料理が紹介されてから、徐々にその存在が知れ渡り、シリア料理ブームがやってきたイスタンブール。そんなイスタンブールで挑戦したい、「おすすめのシリア料理3品とローカルで人気の2店舗」をご紹介します。

行列必至の人気店「Buuzecedi」

Buuzecedi
旧市街のお店があまりにも人気になり、旧国際空港よりさらに西のエセンユルトにまで店舗を構えるようになった「Buuzecedi」は、開店直後から常連客で込み合う人気店。アラブ系の人やトルコ人が入り混じりながらこじんまりとした店内で食事を楽しんでいます。

ほくほくのコロッケのような食感!「ファラフェル」

ファラフェル揚げる前
すり潰したひよこ豆にパセリやコリアンダーなどの香辛料を混ぜ合わせ丸めたものを、油でさくっと揚げた食べ物がファラフェルです。コロッケよりも小ぶりですが、あつあつほくほくの食感が妙に懐かしく、香辛料を使っているのにクセのない味がクセになります。

ファラフェル
注文が通ってから揚げてくれる「Buuzecedi」のファラフェルは、一度食べるとやみつきになる美味しさ!

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき