ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

朝ドラ・芳根京子がキュートすぎるメロメロ子役少女に珍アドバイスだ!

それは10日に都内で行われたフジテレビ系連続ドラマ「TWO WEEKS」(7月16日午後9:00スタート)の制作発表会見でのこと。三浦春馬、芳根京子、比嘉愛未、三浦貴大、稲垣来泉、高嶋政伸、黒木瞳らが参加したゾ。

父親役初挑戦の春馬は「初の父親役ということで、今まで感じたことのない感情との出会いの日々」と父性を疑似体験中。その愛娘役・来泉ちゃんには「痺れます。これまでに感じたことのない癒しの感情、雰囲気に包まれて毎日過ごしている感がある」とデッレデレ。携帯の待ち受け画面もドラマ中に撮影した来泉ちゃんの写真。「現場の合間に時間を確認するごとに見ることができるので、それが心の支えになりモチベーション」と親バカ疑似体験中だ。

母親役の比嘉も「初の母親役で母性や優しさが出るのだろうか?と不安だったけれど、来泉ちゃんから見つめられるだけで母性が溢れ出た。もはや母性を通り越して恋になっているくらい。来泉ちゃんは現場のアイドル」とメロメロなり。

その可愛さで大人たちの感情を見事コントロールしている天才子役・来泉ちゃんは「素敵な俳優さんになるにはどうすればいいの?」と質問。それに対してやってくれたのは、朝ドラ女優の芳根である。真面目な顔で「どこでも眠れること」と珍回答。それに来泉ちゃんが「来泉もそうです!」と納得すると、芳根は「じゃ、大丈夫だ!」と謎の太鼓場を押していたゾ!

 

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき