ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

飛行機操縦を体験! フライトシミュレーター付きの部屋が羽田のホテルに登場

パイロットという職業に憧れたことのある人は多いのではないだろうか。あるいは、一度でいいから操縦席に座ってみたいという人もいるかもしれない。

そんな夢を叶えてくれる客室が、羽田空港第2ターミナルに直結する羽田エクセルホテル東急に登場した。なんと、部屋の中にフライトシミュレーターが設置されている。

・羽田上空も見渡せる

フライトシミュレーターはボーイング737-800型機のものを再現していて、各種計器類なども設置されている。そして実際にパイロット席に座り、操縦桿を握ることができる。

フロントガラスの向こうには羽田空港上空が見渡せ、かなりパイロット気分が味わえそうだ。

・元パイロットが指導

この部屋では日中のフライトシミュレーター体験プランと、宿泊プランが用意されていて、日中の体験プランのみコックピットの中に入ることができる。

そして元パイロットやインストラクターの指導のもと、実際に操縦の体験ができる。

宿泊プランではシミュレーター内に立ち入ることはできず、アクリル板越しにのぞくのみとなる。ただ、夜は離発着の飛行機やランプの灯った滑走路などが眺められ、かなり雰囲気がありそうだ。

このフライトシミュレーター付きの客室は、同ホテルが今年12月に開業15周年を迎えることを記念して設置された。体験プランは90分で3万円(税別)、宿泊プランは2万5300円(税別)〜となっている。

羽田エクセルホテル東急

(文・Mizoguchi)

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき