ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

女優・鎌滝えり、『龍が如く最新作』助演女優に 無茶振り質問への答えは…

女優・鎌滝えり、『龍が如く最新作』助演女優に 無茶振り質問への答えは…

人気ゲームタイトル『龍が如く』の最新作の「助演女優オーディション合格者発表会」が10日に開催。総勢1,000名より選ばれたファイナリスト10名の中から、グランプリが決定した。
 

■グランプリに喜び

グランプリに輝いたのは、女優の鎌滝えり。今の気持ちを求められると、「これから春日一番(ゲーム主人公)と一緒に芝居をできる日々が始まると思うので。どうやったら追いつけるかなっていうのが正直な気持ち」と不安を感じつつも、「すごく楽しみな気持ちです!」と意気込む。
鎌滝えり
どんな演技をしてみたい? という質問には、「役柄がわからないのですが、龍が如くは私が学生時代からほとんどのシリーズを見てきてますし、物語も全部把握しているので…春日一番と一緒に戦って行けたらと思います」と、気合は十分のようだ。
 

■「存在感に惹かれるものがあった」

今回のオーディションは若手を中心に選出したと語る、「龍が如くシリーズ」の総合監督を務める名越稔洋氏。

「完成された魅力がある方もいらっしゃいますけど、作品自体が0スタートっていう中で、ここから我々と一緒に作っていける方っていうのが嬉しい」と前置き、「彼女の雰囲気や空気感、女優さんとしての存在感には惹かれるものがすごいあった」と決め手について語った。
 

■今作のタイトルを付けるなら?

鎌滝えり
今回、グランプリに賞金100万円が贈呈される。気になる使い道を尋ねると「すっごいリアルなんですけど…引っ越しの方をさせていただければと…」と申し訳なさそうに告げ、笑いを誘うシーンも。
続けて、今作のタイトルが決まっていないため、どんなタイトルがいいと思う? と無茶振りが飛ぶと「恐ろしい質問ですね…」と驚きつつも「10年続いて来たものが新しく変わるから…『始まり』が付くものがいいかな」としっかりと回答していた。

・合わせて読みたい→森咲智美、橋本梨菜らも参加 『第2回サンスポGoGoクイーンオーディション』が今年も開催
(文/しらべぇ編集部・ステさん 撮影/HIRO)

関連記事リンク(外部サイト)

北向珠夕、『週刊プレイボーイ』で魅せる 鍛え抜かれた肉体美は目が釘付けに
森咲智美、橋本梨菜らも参加 『第2回サンスポGoGoクイーンオーディション』が今年も開催
平成最後のエンジェル・高崎かなみ 美尻がファンに好評「よく褒めていただきます」

しらべぇの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき