ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

トイレを我慢できなくなった幼女 一緒にいた祖母の仰天行動に批判が殺到

トイレを我慢できなくなった幼女 一緒にいた祖母の仰天行動に批判が殺到

毎日、何度でも繰り返される食事や排泄。将来その子が恥をかかないよう、大人はそのしつけに真剣にかかわる必要がある。まさに「三つ子の魂百まで」だからだ。
 

■ゴミ箱は便器じゃない

世界から観光客が押し寄せる、有名なビーチリゾートを擁するマレーシアのサバ州コタキナバル。そこの『イマーゴ(Imago)』というショッピングモールで、このほど非常に不快な出来事があったことを、アジアのメディアが次々と報じている。
祖母と思わしき年齢の女性に連れられた幼い女の子が尿意を訴えたところ、女性は女の子の下着をさげさせ、後ろから抱き上げると、エスカレーター脇のごみ箱にオシッコをさせたのだ。
女性はトイレを探す、あるいは誰かに尋ねるなど、女の子にそこまで我慢させる努力は何一つしなかった。このことも強い反感を買っている原因だ。
 

■大人の甘やかしこそ問題

その場に居合わせた女性は、あまりにも不快だとして2人の様子を激写し、Facebookに批判を添えて写真を投稿した。瞬く間にこの話題は拡散し、祖母とみられる女性への批判が殺到している。
すると「同じ光景を見た。しかも大人2人がそれを見守っていた」という投稿がこれに続いた。ショッピングセンター『センターポイント(Center Point)』の駐車場で、幼児が恥ずかしげもなく下半身を出し、地面に向かって排泄していたというのだ。

■「中国人では」と疑う人々

その投稿には、「中国人の仕業だろう」というコメントがやけに目立つ。中国には、幼い子供たちが「いつでもどこでも排泄してよい」と言われて育ってきた不面目な歴史があるためだ。
今や世界の有名観光地をくまなく旅する中国人だが、旅先で一部の排泄マナーの悪い者がそれをやらかしてしまうたびに、各地のメディアは強い批判を込めて報じてしまう。
このたびの話題も、すでにマレーシアじゅうに広まっている。コタキナバル市役所の職員が現在その犯人探しを行なっており、「現代社会において、これはあまりにも恥ずかしい行為。幼い子の躾としていかがなものか」と呆れかえっている様子だ。
 

■最悪な排泄マナーによる被害例

最悪な排泄マナーによる被害例。臭いを発し、ハエなどがたかることはやはり軽視できない。ここ数年の間に世界の大手メディアが報じた例をいくつか挙げてみたい。
・台湾のミシュラン1つ星のレストランにやってきた中国人観光客の一行の3歳男児が、テーブルについたままペットボトルに排尿(2014年)
 
・ロンドン郊外のアウトレット・ショッピングセンターの『バーバリー(Burberry)』の店先で、祖母が白い紙を敷き、孫が排便(2015年)
 
・タイの寺院が「中国人観光客のトイレマナーが最悪」とのクレームに、トイレを中国人向けとそれ以外の人々に分ける措置(2015年)
 
・中国・遼寧省大連市のある駅で、若い女性が下着をおろしていきなり排便(2016年)
 
・香港・九龍半島の油尖旺区の繁華街にあるビルのエレベーターで、ほかに誰も乗っていないことから若い女性が排尿(2016年)
 
・香港の羅湖で電車内で幼い女の子が排尿。それを許したのは若い両親だった。床を流れる大量の尿に乗客は激怒(2018年)
 
・中国・湖北省の路線バスで、幼い男児がゴミ箱に排尿。これを促した若い母親に運転手が「あなたの品格を問う。文明人とは思えない」と説教したところ、逆ギレの暴行事件に発展(2019年)
 
やはりこのたびの件も、中国人が疑われても仕方がないのだろうか。それでも被害件数そのものは確実に減ってきている。中国のメディアが、こうしたニュースを報じる際、必ず「中国人としてのプライドを持ち、民度を上げる努力を」といった文章を添えることも印象的だ。
 

■祖父母が育った時代の排泄マナーがそのまま孫に

中国では、都市部で働く若夫婦に代わり、祖父母が孫を預かって農村部で育てるというケースが大変多い。のどかな田園地帯で、おおらかな祖父母の元で育つことには大きなメリットと意義がある。
唯一の問題は、しつけ全般においてひと時代、ふた時代前の中国人のやり方が継承されてしまうということ。祖父母は「いつでもどこでも排泄してよい」と言われて育った世代なのだ。
可愛い孫の将来を考えたら、この誤った甘やかしだけは今すぐにでも断ち切る必要がある。都会に出た子供たちは、ぜひともトイレの正しい使い方やマナーを親に教えてあげてほしい。

・合わせて読みたい→『とくダネ!』で中国人の転売問題を報道 スタッフが取った行動に賛否の声
(文/しらべぇ編集部・浅野ナオミ)

関連記事リンク(外部サイト)

ZOZO前澤社長、クソリプに対する心構えを説くも… 「ちょっと違う」と不評の声
『とくダネ!』で中国人の転売問題を報道 スタッフが取った行動に賛否の声
「隣人への強い恨み」から暴走した60代男 マンション屋上の貯水槽タンクに汚物投入

しらべぇの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき