ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

みんなの愛で紡いだ「KING OF PRISM」の歴史がズラリ 煌めき溢れる誓いの場も展示の「プリズムスタァミュージアム」開催!

7月12日より、東京アニメセンター in DNPプラザにてKING OF PRISMシリーズ企画展「プリズムスタァミュージアム」が開催されます。

「プリズムスタァミュージアム」は、作中で一条シンらが在籍する華京院学園の中にあるといわれる施設で、普段は在校生しか見られないのですが、今回は入学希望者を対象に公開することになった、という企画展示。「by PrettyRhythm」時代からの場面写や、歴代のプリズムスタァたちのイラストや原画、過去のグッズといった貴重な資料がズラリ展示されています。

公開前日となる7月11日には、プレス向け発表会&内覧会が行われ、一条シン役の声優・寺島惇太さんと、キンプリ大好き芸人のハライチ岩井勇気さんによる企画展見どころ解説が行われました。

寺島さんと岩井さんはKING OF PRISM Shiny Seven Starsの第0話でも共演しており、第0話といえばサンシャイン池崎さんがキンプリ沼に足を踏み入れたきっかけとなった番組でもあります。TVシリーズの放送を終えた感想を聞かれた寺島さんは「サンシャイン池崎さんを含め、月曜から火曜にかけてTwitterでもトレンドに入ったりして、最後まで盛り上げていただいて駆け抜けたなという感じ」とコメントすると、岩井さんは「サンシャイン池崎が放送のたびにツイートをしていたんですが、バズってしまっているのが気に入らない」とすっかりキンプリファンを代表する“親善大使”のようなサンシャイン池崎さんに対して若干嫉妬めいたコメントで笑いをとりました。

それでは、ここから展示の様子を寺島さん、岩井さんのコメントを交えてご紹介していきます。

場面写で振り返るヒストリー

ミュージアムの入り口をくぐると、すぐに「KING OF PRISMの世界へようこそ」といった具合に場面写がズラリならんだヒストリーが展示されています。Shiny Seven Starsの1話から順に、思い出のアルバムのような場面写をじっくりと眺めることができます。寺島さんは「1枚1枚で見てもそのシーンで言っていたセリフが思い出されるのは流石キンプリといった感じ」とコメント。1人で思い出に浸ったり、友人と語り合ったり、プリズムスタァたちと過ごした時間を思い出しながら鑑賞することができます。

岩井さんは「プリズムジャンプのシーンの圧がすごい」「お風呂のシーンや肌色が多い」とコメント。ジャンプに込められた思いを眺めつつ、お風呂シーンを眺めつつ……。いろいろな角度から歴史を振り返ることが出来るコーナーです。

貴重な原画もある原画・イラストエリア

「by PrettyRhythm」からのほぼすべてが並べられていくという資料展示エリア。原画や過去のイラスト、グッズが多数展示されています。原画エリアについて寺島さんは「間近で見ると細部まで書き込まれていてアニメーターさんはすごい」、岩井さんも「原画の時点で繊細」とコメント。

イラストについて寺島さんは「雑誌やグッズを結構いただくんですけど、それでも初めて見るようなイラストもあって、数年間で出てきた色々なイラストをまとめて見られるのは貴重」とコメント。岩井さんは「本編にないようなイラストもあって、イラストから1話想像できるようなものもある」とコメントしました。そんなイラストの点数は250点以上。

こちらは2回、内容を入れ替えて展示され、期間ごとに見られる展示内容が変わってきます。

初期のグッズも見られる資料展示エリア

シリーズが始まった当初、まだ数も少なかった頃からの歴代グッズが展示されます。寺島さんから「アクリルスタンドの数が多い」とのコメントがあり、実際見てみたところかなりの数がありました。現在はShiny Seven Stars関連のグッズが展示されていますが、過去のグッズも順次公開されるとのこと。入手困難なグッズも展示されるため、貴重なコーナーと言えるでしょう。

歴代スタァが並ぶプリズムスタァ名鑑

華京院学園の中にあるミュージアムということもあって、多数のプリズムスタァたちが飾られています。エーデルローズだけでなくシュワルツローズ、氷室聖、法月仁、黒川冷、さらには山田リョウまでもが展示されており、それぞれの推しの姿をじっくりと拝むことができます。寺島さんが「仁さんの表情が多彩だった」とコメントすると、岩井さんも「これだけ写真があるのに全部表情が違う」と続き、寺島さんが「それでも(仁さんは)かっこいい」とコメント。仁はもちろん、プリズムスタァたちの色々な表情が一緒に楽しめるファン必見の空間となっています。

また、それぞれのステージ衣装のCGで作られた等身大のパネルも飾られており、スタァたちの存在感を確かめることもできます。

愛と煌めきに溢れた誓いの場

Shiny Seven Starsの最終話で描かれたプリズムショーでのシーンを再現した誓いの場。岩井さんが「この空間に入ったときに最初にキンプリを観たときの感じを思い出した」とコメントするぐらい、それまでの展示エリアと比べてある種異質な、プリズムの煌めきが濃いめの空間となっています。寺島さんは「ここの展示が終わったあと、どこかに巡礼出来るように置いておいてほしい。キンプリ神社つくってくれいないかな」とコメント。巡礼したくなるほど神々しい空間となっているので、是非とも直接ご覧頂きたいエリアです。

この背景のパネルは、来場者がプリズムの煌めきを模したシールを貼っていく事が出来、日が経つにつれ煌めきが増していく仕組みになっています。誓いの言葉を書くわけではなく、誓いのシールを贈るだけというシンプルな形なので気軽にありがとうを伝えることができます。

こちらのエリアには、それぞれのスタァたちが誓った言葉も展示されています。一人一人の誓いの言葉を噛み締めながら、推しと記念撮影するなど、愛が溢れるエリアとなっています。

小物で彩れるARフォトスポット

ステージ衣装を着たCGのキャラクターと一緒に記念撮影ができるスポットです。それぞれのお当番回で出てきたアイテムを使った撮影もできるので、作中の1シーンを再現して楽しむことが出来ます。

シン、ルヰの帽子や、ピンク色の扇子、はたまたダンベルまで用意されており、誰と撮影する場合でもバッチリ対応可能です。

また、展示エリアではシンとタイガによる日替わりボイスガイドを聞くことが可能です。こちらは全2パターンで、タイガが頑張って紹介している貴重なボイスも聞くことが出来ます。

可食プリントの綺麗なラテアート

会場1Fのカフェでは、期間限定でコラボドリンクが販売されます。カフェ、ココア、はちみつの3種類のドリンクにラテアートを施し、オリジナルコースター付きで提供されます。オリジナルコースターは全13種類、ランダムで1枚プレゼントされます。

カフェもオープンキャンパス仕様となっており、フォトスポットや貴重な盤も含む過去の商品も展示されています。

「プリズムスタァミュージアム」概要

会期:2019年7月12日(金)~2019年8月25日(日)※火曜休館
開催時間:11:00~20:00(展示最終入場19:30)
企画展入場料:入場券:1,000円(税込)
グッズ付き入場券:3,000円(税込)
※7月12日(金)~15日(月)は日時指定券をお持ちの方のみご入場いただけます
会場:東京アニメセンターin DNPプラザ(https://animecenter.jp/index.html)[リンク]
(東京都新宿区市谷田町1-14-1 DNPプラザB1F)
主催:大日本印刷株式会社
公式WebサイトURL:https://animecenter.jp/exhibition/kinpri

■来場者特典

7/12(金)~7/22(月):
ボールペン(エーデルローズ)、手書きメッセージカード(Over The Rainbow 全3種)
7/24(水)~8/5(月):
ボールペン(シュワルツローズ)、手書きメッセージカード(シュワルツローズ 全3種)
8/7(水)~8/25(日):
ボールペン(Over The Rainbow)、手書きメッセージカード(エーデルローズ 全7種)

srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき