ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

クラウン白黒パトカー驚きの「新車値引き」とは

クラウン白黒パトカー驚きの「新車値引き」とは

街を走る白黒パトカーのうち、最もポピュラーなものが「無線警ら車」と呼ばれるセダン車です。ドライバーであれば、その大半がクラウンであることもご存じの方も多いでしょう。パトカーならではの特殊装備満載のため、値段は市販車より高いと思いきや、実際購入した金額を見るとその逆。大幅な新車値引きが行われているのです。

クラウンパトカーを警察庁が一括購入

各都道府県警が主力で使う白黒パトカーである無線警ら車は、その大半がトヨタ・クラウンで占められています。これは、警察庁が一括購入する際、ほぼ毎年のようにクラウンを選んでいるため。最近10年間のうち、8年間がクラウンになっています。

無線警ら車の仕様はエンジン排気量は2500cc以上など細かく決められていて、そのなかには天井に設置されたブーメラン型の赤色回転灯やそれを取り付ける昇降機、フロントグリルに2灯取り付ける前面警光灯といった特殊な装備も含まれています。

ランプ類以外でも、サイレンや警告アナウンスなどを鳴らすサイレンアンプやスピーカー、警察無線機や警察無線用の「ユーロアンテナ」はパトカーならではの装備。無線警ら車の場合、スピード違反の取り締まりは基本行いませんが、ストップメーターも装備しています。

クラウンパトカー値引きは80万円以上

このように特殊装備満載の無線警ら車ですが、警察庁は一体どれぐらいの価格で購入しているのでしょうか? 2018年に購入した210系クラウン・ロイヤルの場合、275台購入し合計の価格は約8億1981万円。1台あたりで計算すると約298万円です。

一方、2018年に市販されていた210系クラウン・ロイヤルの価格は約381万円~となっています。2018年秋に、クラウンは現行の220系へとフルモデルチェンジしているため、モデル末期という事情はあるにせよ、80万円以上という大幅な値引きになっています。

なお、1台約298万円の価格は無線関係を除いた特殊装備をすべて含んだもの。警察無線機とユーロアンテナについては、設置に無線関係の資格が必要なため、無線専門の業者から別途購入しています。また、市販車のクラウンは高級モデルでシートも豪華ですが、無線警ら車の場合は前部・後部ともにビニール製のパトカー仕様です。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
覆面パトカーの見分け方「ユーロアンテナ」とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき