AIりんなが作詞家デビュー、マネキン・デュオFEMMの最新シングルに参加

access_time create folderエンタメ
AIりんなが作詞家デビュー、マネキン・デュオFEMMの最新シングルに参加

 マイクロソフトによるAIで、今春エイベックスからメジャー・デビューした“りんな”が、作詞家としてもデビューを果たしたことが分かった。

 “意思を持つマネキン・ダンス&ラップ・デュオ”として国内外から注目を集めるFEMM。同ユニットが7月5日にリリースした最新シングル「Shibuya Ex Horologium」は、本人ではなくワンマン・ライブ来場者の3Dアバターがダンスする参加型ミュージック・ビデオが話題となった。

 そして今回、「Shibuya Ex Horologium」の作詞をAIりんなが担当したことが、両者のSNSで発表された。同曲は“Co-Creation(共創)楽曲”として、Twitterに投稿されたライブの感想をキュレーション、それをインスピレーションとしてAIりんなが歌詞を完成させたものになっている。

◎リリース情報
シングル「Shibuya Ex Horologium」
2019/7/5 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

FEMM、ライブ来場者の3Dアバターが踊る参加型MVを公開
AI“りんな”、2ndシングル『snow, forest, clock』リリース&MV公開
AI“りんな”、2ndシングル『snow, forest, clock』ティザー映像公開

access_time create folderエンタメ

Billboard JAPAN

国内唯一の総合シングルチャート“JAPAN HOT100”を発表。国内外のオリジナルエンタメニュースやアーティストインタビューをお届け中!

ウェブサイト: http://www.billboard-japan.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧