ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

電動車椅子に取り付けて使うロボットアーム「JACO」は、ドアの開閉や物つかみが可能

腕や指先は日常生活において最も利用頻度の高い部位といってもいいだろう。病気や怪我で腕の動きに制限があったり、腕そのものを失くしたりした人の不便は計り知れない。

そこでカナダ企業KINOVAが展開しているのが、電動車椅子に取り付けて使うアシストロボットアーム「JACO」。物をつかんだり、ドアを開けたりといった日常の動作ができるという。

・卵もつかめる!

JACOは人間の腕を模したデザインだが、指は2本タイプか3本タイプの2種類。電動車椅子に取り付けると、まさに車椅子利用者の腕のように使うことができる。

たとえば、手紙をつかんでポストに投函する、飲み物のカップを握って自分の口に持ってくるなど、日常の動きをサポートする。同社のウェブサイトの写真を見ると他にもさまざまな動きをサポートし、卵もつかめるようだ。

・車椅子と同じ電源で動く

電動車椅子用なのは、電源を必要とするため。JACOは車椅子と同じ電源を使う。

操作はジョイスティックのほか、ヘッドコントロールやシップ&サップ(チューブを通じた息を吸ったり吐いたりの動き)などで行え、その他のインターフェースにも対応する。

JACOはカーボンファイバー製で重さは5.2キロ。手首のアングルは60度、そして重さ1.6キロまでを持つことができ、最大90センチ離れたところにあるものに届くとのこと。

価格などは表示されていないものの、関心のある人はウェブサイトで問い合わせができる。ただし、言語は英語、フランス語、デンマーク語となっている。

ちなみに開発元のKINOVAは産業用のロボットアームも展開している。

KINOVA

(文・Mizoguchi)

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき