ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

気分はパイロット!?羽田エクセルホテル東急に「コックピットルーム」

気分はパイロット!?羽田エクセルホテル東急に「コックピットルーム」

 羽田空港にある羽田エクセルホテル東急では、12月に開業15周年を迎えるにあたり、2019年7月にボーイング737-800を模したフライトシミュレータを設置した客室「スーペリアコックピットルーム」を開設。7月18日からこの部屋でのシミュレータ体験プランや、宿泊プランも始まります。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

  羽田エクセルホテル東急は2004年12月1日,羽田空港国内線第2旅客ターミナル直結のホテルとして開業し、2019年に15周年を迎えます。これまで羽田空港の滑走路に面した客室や、2007年に国際線で使用されていたファースクラスシートを設置した「プレミアフライヤーズルーム(旧:フライヤーズルーム)」は、長年にわたって航空ファンをはじめとした、多くの利用客に愛されています。

 2019年の開業15周年にあたり、さらに利用者に満足してもらえる客室を作りたいという思いから、あらたな試みとして、ボーイング737-800を模したフライトシミュレーターを設置した客室「スーペリアコクピットルーム」が誕生しました。

 この客室では、実際に飛行経験のある元機長をはじめ、機器に精通したインストラクターの指導のもと、羽田~伊丹のルートを使った飛行機の操縦ができる「フライトシミュレーター体験プラン」(90分/税別3万円)と、「スーペリアコックピットルーム」に宿泊し、客室空間から羽田空港の空の風景を堪能できる(操縦席には座れません)宿泊プラン「フライトシミュレーター雰囲気体感プラン」(1室2名/消費税・サービス料込・東京都宿泊税別2万5300円~)が体験できます。フライトシミュレーター体験プランは、12時~13時30分と14時30分~16時の1日2回。5日前までの予約となっています。


 夢のパイロット体験や、操縦席越しに見える風景など、ファンにはたまらないものになりそうです。どちらも予約はホテルの「スーペリアコクピットルーム」特設ページからのWEB予約となっています。

情報提供:羽田エクセルホテル東急

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

いくら丼風呂に鮭SUP体験 鮭尽くしの「鮭旅」企画が楽しそう
忍ぶ気ゼロの忍者屋敷「忍者カフェ&バー」が東京・浅草にオープン
幸楽苑が出前はじめたぞー! 22店舗皮切りに順次拡大

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき