ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

太陽エネルギーを使って室温調整する窓フィルムをスウェーデンの大学が開発

7月に入り、夏も本番だ。これからの季節は日差しが強くなり、エアコンや扇風機が手放せない日も多くなる。

そんななか、スウェーデンのチャルマース工科大学が太陽エネルギーを使って室温を調節する窓フィルムを開発した。

・太陽光線にぶつかると光子を捕獲して異性化され、熱を放出

この窓フィルムは、特別設計された分子「MOST」を含む。MOSTは「Molecular Solar Thermal Storage」の略だ。

MOST は、太陽光線にぶつかると光子を捕獲して異性化し、熱エネルギーを別の形で保存する。日没後最大8時間にわたって熱を放出することができる。

当研究の目的は、暑い日でもエアコンや日よけを用いることなく、快適な室内環境を作り出すことだ。

・空港やオフィスなどのエネルギー消費量を削減可能か

色が変化するのもこの窓フィルムの特徴だ。太陽エネルギーを吸収していない夜明けには、フィルムの色は黄色または橙色。分子が太陽エネルギーを捉えて異性化されると、色が消えて透明になる。そして日光が弱くなってくる夕暮れ時、熱がフィルムから放出され始め、次第に黄色に戻る。

以前にも、研究チームは同じ分子を使った住宅用のエネルギーシステムを発表している。このシステムではエネルギーは数か月にわたって貯蔵されたが、今回、分子の最適化によってエネルギー変換の期間短縮に成功した。

研究チームは、このフィルムを使って空港やオフィスなどのエネルギー消費量を削減できるとみている。今後の課題は、フィルムの特性を保持しつつ、フィルム内の分子濃度を上げて分子の価格を下げることだが、研究チームは、この課題は近いうちに達成できるとの見解を発表している。

今後のさらなる研究開発が期待される。

Chalmers University of Technology

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき