ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

エルミタージュ美術館ではなく、あえてロシア美術館をおすすめしたい理由

サンクトペテルブルクには、世界三大美術館のひとつであるエルミタージュ美術館があります。もちろん、エルミタージュ美術館はすばらしいのですが、個人的にはロシア美術館も訪れて欲しいところです。

なぜエルミタージュ美術館と合わせてロシア美術館をおすすめするのか?この記事を読めばよくわかりますよ。

 

ロシア美術館はどんなところ?

Photo by Nitta Hiroshi

ロシア美術館はロシア第二の都市、サンクトペテルブルクの中心地にあります。エルミタージュ美術館は世界三大美術館として有名ですが、主に外国の作品を収蔵しています。一方、ロシア美術館はロシア人画家の作品を収蔵しています。

また、ロシア美術館の建物はエルミタージュ美術館と同じく元は宮殿でした。建てられたのは19世紀初め。当時の流行に沿って古典主義的な建築スタイルとなっています。

ロシア皇帝、パーヴェル1世が王子ミハイルのために建設されたのがはじまり。美術館になったのはロシア最後の皇帝、ニコライ2世の時代です。

Photo by Nitta Hiroshi

ロシア美術館にはイコン美術、18世紀~20世紀の作品を中心に数多くの作品が収蔵・展示されています。主要作品は展示されていますが、海外の展覧会などに貸し出される場合もあります。

いずれにせよ、ロシア好きなら必見に値する美術館であることに変わりはありません。

 

ロシア美術館のおすすめポイント1.ゆったりと美術鑑賞ができる

Photo by Nitta Hiroshi

ここからは各項目においてロシア美術館のおすすめポイントを紹介します。おすすめポイント1点目はゆったりと美術鑑賞が楽しめることです。

日本の美術館で人気のある企画展が開催されるとき、混雑により肝心の絵が見られない、といった経験はありませんか。また、一般的な美術館ですと椅子がないため、足が疲れることもあるでしょう。

 

ロシア美術館ではそのような苦痛を味わうことはありません。先ほども紹介したとおり、ロシア美術館の建物はもともと宮殿でした。そのため、建物自体の規模が大きく、一室も大変広いです。

また日本と異なり作品を詰め込むことなく、余裕のあるレイアウトになっています。

Photo by Nitta Hiroshi

言うこともなく宮殿はとても豪華。ロシア美術館を訪れたら絵画だけでなく宮殿の装飾もお楽しみください。しかも写真撮影は自由です。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき