写真もビデオもHDRで撮れる、新しいアクションカメラ「Alpha3」登場

access_time create folderデジタル・IT
アクションカメラといえばひと昔前はGoProが代名詞的存在だったが、今はさまざまなメーカーから高品質で洗練されたものが多数展開されている。

そしてこのほど、また一つ魅力的なものが登場した。米スタートアップMokacamの「Alpha3」だ。写真もビデオもHDR(ハイダイナミックレンジ)で撮影でき、スクリーンの角度を最大180度調整できるなど、多くの点で優れている。

・ソニーのセンサーIMX 577

性能の特徴はというと、まず4K/60fpsでかなりスムースなビデオが撮れる。プロセッサーには1.2 GHz Ambarellar H22クアッドコアを採用し、センサーはソニーのIMX 577だ。

表現色の幅が広いHDRに対応するので、よりリアルで自然な仕上がりになり、特に影の部分と明るい部分を含むシーンではそれぞれをはっきりと表現できる。写真の解像度は16MPだ。

・手ブレを補正

一方、Alpha3にはジンバルのようなスタビライゼーション機能が内蔵されているので、動きながらの撮影でも手ブレが抑えられるのも嬉しい。

操作面に関しては、カメラ背面にあるスクリーンで映像を確認できるほか、スクリーンを180度回転させることができ、自撮りシーンなどでも重宝する。

加えて、水深3メートルまでの防水機能を備え、付属する専用ケースを使えば水深60メートルまで耐える。シュノーケルやスキューバダイビングなどのマリンスポーツ、プールで活躍しそうだ。

サイズは69×44.9ミリとアクティビティのお供にぴったりのAlpha3。現在Indiegogoで資金調達を展開中。今なら209ドル(約2万2000円)の出資で入手できる。出資は7月28日まで受け付ける。発送はすぐに始まる見込みだ。

Alpha3/Indiegogo

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧