ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「Do you mind?」に気をつけて!イギリス英語の楽しみ方と注意点

一般的に、日本の学校で学ぶのはアメリカ英語。よほど意識しないと、イギリス英語に触れる機会は少ないと思います。私は旅を通じてイギリス英語の楽しさを体感してきました。

今回は実体験を基に、イギリス英語の楽しみ方と注意点を解説します。

 

そもそも、イギリス英語・アメリカ英語とは?

さて、イギリス英語、アメリカ英語、どちらが世界で多く使われているのでしょうか。実はイギリス英語を使っている国のほうがアメリカ英語よりも多いのです。つまり、アメリカ英語を学んでいる国は少数派、ということになります。

特にヨーロッパではイギリス英語がメイン!実際にヨーロッパではイギリスで英語を学んだ人も少なくありません。

 

イギリス英語の発音はRP(received pronunciation=容認標準英語)を指します。つまり、BBCで使われている英語だと思ってください。それでは、すべてのイギリス人の英語がRPかというと、それは違います。

イギリスはイングランド、スコットランドをはじめとする連合王国。それぞれの地域で方言があり、また階級によっても使われる表現が異なります。

 

No worries! Indeedが出てきたらイギリス英語!

ここからは私の実体験を基にイギリス英語の表現を見ていきます。今年、私はポーランド人の友人に会うために、ポーランドに行きました。友人はイギリスで勉強したので、バリバリのイギリス英語! 文法もしっかりしており、まるでネイティブのように話します。

友人の口から一番多く出てきた表現が「No worries!」 翻訳すると「大丈夫」とか「OK」みたいな感じですね。逆に日本で習った「That’s fine」「Sure」はほとんど友人の口からは出てきません。

 

ところで、No worriesはもともとオーストラリア原産の表現だとか。オーストラリア英語はイギリス英語をベースにしているため、逆輸入のような形ですね。

さて、私が英語で何かを話すと、友人はしきりに「Indeed」と言いました。最初は「Indeed? 実際? どういう意味なんだろう」と思ったものです。このケース、「Indeed」は「確かに」という相槌を打つような表現になります。ただし、イントネーションによって意味も変化するようです。

 

Do you mind~にご注意!

市街地を歩いていると、友人が「ちょっと郵便局に寄っていい」というフレーズで「Do you mind~?」を用いました。「Do you mind~」は「~をしてもいいですか?」という表現。確かに、日本の学校でも習いますが、アメリカ人の口からはあまり聞かれないような気がします。

私はいつものように「郵便局に寄ってもいいよ」という感じで「YES」と言ってしまいました。しかし、「YES」と言った瞬間「しまった!」という私の焦り。妙な沈黙が20秒ほど続いた後、友人が「ちょっと待って、今のYESは私が郵便局に行ってもOKという意味?それでもダメという意味?どっち?」と聞いてきました。一体、どういうことでしょうか?

 

「Do you mind~」は直訳すると「~しても、あなたは気になりませんか」ということ。つまり、「気になりません(いいですよ)」なら「NO」、「気になります(ダメです)」なら「YES」になります。イギリス英語では相手に許可を求める際に、よく「Do you mind~」が用いられます。理屈で覚えてもなかなか対応できないので、日常生活で無理やり用いて反射神経で対応するしかなさそうです。

また、「Do you mind~」の「~」にくる動詞は必ず「ing形」です。TOEICなどの英語テストでも、よく出題される文法事項なので、必ずチェックしておきましょう。

現在完了形が大好きなイギリス英語

実はポーランド人の友人と会うのは実に4年ぶり。普段はFacebook Messageなどを通じて、交流をしています。友人が書いた英文を見ると「have+過去分詞、had+過去分詞」、つまり現在完了形、過去完了形が多いことに気づきました。たとえば、「時間ある?」と聞きたいときは「Have you got time?」となります。

ただし、何でもかんでも現在完了形、過去完了形を使っていいわけではありません。完了形は時間の幅を意識した表現。

 

反対に、「何年前に~をした」というように、ピンポイントで時間を設定する際には用いられません。ついうっかり、とあるイギリス人に「1 week ago I have been to Poland」と間違って言ったら「agoの時は過去形!」とツッコミが入りました。

 

発音が簡単で楽しいイギリス英語


ここまで読んでくれた人の中には「イギリス英語、なんか面倒だな……」と思うかもしれません。ですが、イギリス英語の最大の魅力は発音にあると思います。たとえば、映画「ハリーポッター」に出演している俳優エマ・ワトソンのイギリス英語を聞いてください。とてもクールで美しいと思いませんか?

発音面でイギリス英語とアメリカ英語の違いはハッキリしています。たとえば「R」の発音、イギリス英語はアメリカ英語と比べて、それほど舌を巻かなくてもOK! また、助動詞「Can」はイギリス英語では「カン」と発音します。

 

このようにイギリス英語を見ていくと、日本人にとって発音しやすいのはイギリス英語かもしれません。私はポーランドに旅行する前に市販のテキストを使ってイギリス英語を勉強しました。イギリス英語に慣れてくると「アメリカ英語よりも発音しやすいかも……」と思うように。今ではアメリカ英語に戻ることは考えられません!

イギリス英語に興味を持ったら、まずはYouTUbeで聞いてみましょう。その後はテキストを使うのもいいですが、一番いいのはイギリス人をはじめとするイギリス英語を使っている人々と会話をすること。もしくは、これを機会にイギリス・ヨーロッパへ旅行するのもいいかもしれません。

関連記事リンク(外部サイト)

イギリス英語とアメリカ英語の代表的な3つの違い
英語のスピーキングをぐ~んと伸ばす15のテクニック
英語の接続詞一覧と使い方
5つの音に注目!アメリカ英語とイギリス英語の発音の違い

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき