ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

セクシー? 下品? シュウ ウエムラと渡辺直美のコラボコスメ広告に賛否両論

7月20日、コスメブランド『シュウ ウエムラ』と人気タレント渡辺直美さんのコラボレーションコスメ第2弾『ナオミ for シュウ ウエムラ(naomi for shu uemura)コレクション』が発売される。

今回発売されるのはリップ4種類、チーク2種類の計6種類。

パッケージには渡辺さんのぷっくりした唇をモチーフにしたリップマークがあしらわれるなど、ポップでキュートな印象のアイテムだ。

広告ビジュアルはアートディレクターの吉田ユニさんが手がけており、渡辺さんの豊満な肉体で商品をガラスに押しつけるという個性的かつ刺激的な内容。

バスト、ヒップなど通常のコスメ広告ではクローズアップされないパーツをフルに活用したことは、渡辺さんのように豊満な体型のモデルがようやく認知されたばかりの日本では、感覚の半歩先を行った攻めた趣向と言えるだろう。

『Twitter』や『Instagram』などSNS上ではこれを見た人々から

「シュウウエムラの広告の渡辺直美めっちゃ可愛い〜斬新すぎて素敵 なんか高級なクッションにコスメが置かれてる感あるwww 」

「シュウウエムラと渡辺直美のコラボ、めちゃめちゃ挑発的なビジュアルだなー!でも下品じゃないし変に性的でもないし、どこかユーモアを感じさせるまであるの凄い」

と言った肯定的な意見の他に

「シュウウエムラの新作、さすがに下品すぎてドン引きしてしまった。1枚目なんて胸で押しつぶしてる口紅を見て誰が買いたいと思うの?満員電車に押しつぶされてる女性にインスパイアされたとでも言いたいの?渡辺直美本人が良くても、これはアートでも美でもなんでもない。」

「シュウウエムラも好きだし渡辺直美も好きだけど、このビジュアルに違和感を感じる…胸で押し付けて、ついでにお腹もあるのって、この体格なら許されるという風に解釈したの? なんか…失礼じゃない?ざわつく。 もっと女性の自尊心を上げる広告にしてほしい、体格ネタではなく。 」

「私はうえっ、生々しい…って感じてしまうのだけど、性的って生々しさなんだろうなぁ。しかし何を生々しいと感じるかは人によって違うんだよなぁ。だからシュウウエムラは性的じゃなくて萌え絵は性的だっていうのは、やっぱり線引きなんて出来ない世界よ」

という否定的、もしくは疑問を感じるという声も少なからず上がっている。

また否定的な意見を見た上での

「わたしは渡辺直美がきっかけでシュウウエムラを知ったんだよねー前回の腕にリップ塗った広告も素敵だった! 下品とセクシーの境界線って難しいけどね。わたしはセクシーやと思う 何よりこの表情が好き」

「シュウウエムラの広告、いいと思うけどなあ。渡辺直美だから太っている人の体を使っていいと思っているのでは?とかまったく出てこない。太っている人をこんなふうに扱うなんて下品で失礼だ!というのは、それは太っている人をめちゃくちゃ下に見てる発言で、そちらがあまりにも失礼過ぎない?」

という声も無視できない。

なお渡辺さんは自身のInstagram上で

「私の個性的な身体をふんだんに使ってくれて、流石です
実際透明なガラスに、リップ達を挟んで撮影したよw 私にしか表現出来ないスタイルだと思います」

https://www.instagram.com/p/BzcwFsQAIBE/?utm_source=ig_web_copy_link

この投稿をInstagramで見る @shuuemura さんとの コラボリップ第2弾が本日発表になりました 今回はチークもプロデュースしました沢山会議をして、一から色を作りましたよ 今回も @yuni_yoshida さんに アートディレクションしていただきました私の個性的な身体をふんだんに使ってくれて、流石です‍♂️ 実際透明なガラスに、リップ達を挟んで撮影したよw 私にしか表現出来ないスタイルだと思います 今日から先行発売の予約開始です‍♀️. 後日動画で 一本一本詳しく説明するね‍♀️. . The second series of my collaboration lip line with @shuuemura goes on sale today I produced blush this time as wellWe held a ton of meetings and created the color from scratch Of course the art direction was done by @yuni_yoshida againAs always she made full use of my unique body‍♂She put lipstick between transparent glass and shot lol I think it's a style that only I can express! The reservations for the pre-sale starts today‍♀ I'll be sure to explain each one in a video soon‍♀. hair @asami_nemoto stylist @mikitiaizawa #shuuemura #シュウウエムラ #流石です‍♂️ 渡辺直美さん(@watanabenaomi703)がシェアした投稿 – 2019年 7月月3日午前2時16分PDT

と吉田さんのアートディレクションを絶賛している。

太っている、痩せているという美醜の基準やバスト、ヒップは一律に下品なのかという基準はまさに現代日本人の感覚の分水嶺なのだろう。

今から40年前、1979年には沢田研二さんがフルメイクを施し、裸という当時の男性芸能人としては画期的ないでたちで『PARCO』の広告に登場し物議を醸した。

時代の最先端を行くスターはなにかととやかく言われがちだ。

※画像は『シュウ ウエムラ公式オンラインショップ』から引用しました
https://www.shuuemura.jp/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 中将タカノリ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき