5日間で行ける海外旅行先20選(3泊5日・4泊5日)

access_time create folder生活・趣味

5日間のおやすみが取れるとしたら、どこへ旅に行きたいですか?近場のアジアはもちろん、少し足を伸ばしてヨーロッパに行くことも可能です。

本記事では、5日間で行ける海外旅行先(3泊5日・4泊5日)を紹介します。なお、旅行日数はトラベルコさんに掲載されているツアーを参考にしました。なお個人的に5日間で行ける旅行先を選ぶとしたら、カップルならリゾート気分が楽しめるハワイ、学生なら物価が安くて料理も美味しいバンコク、ファミリーならのんびりできるケアンズがおすすめです。
短期間で旅行に行きたい方におすすめの記事はこちらです
2泊3日で行ける海外旅行先18選
3泊4日で楽しめる海外リゾート15選

 

5日間で行けるアジアの国

インド / アグラ(3泊5日)

photo by unsplash

インドといえば、アグラにある「タージ・マハル」は外せません。ムガル帝国第5代皇帝が早逝した最愛の王妃のために建てた墓廟で、白大理石で作られています。その美しさから「イスラム建築の宝石」と言われています。

 

インドネシア / バリ島(3泊5日)

photo by Shutterstock

インドネシアバリ島への渡航は最低2泊4日でも可能ですが、この日程だと丸一日観光を楽しめるのは1日のみ。そのため少し余裕を持って、3泊5日から計画するのがおすすめです。ビーチでのんびり過ごしたり、歴史ある寺院をめぐったりと様々な楽しみ方ができます。

 

カンボジア / シェムリアップ(3泊5日)

photo by shutterstock

カンボジアシェムリアップへのツアーは約50,000円〜から販売されており、学生旅にもぴったり。アンコールワットをはじめとした遺跡が盛りだくさんなので、ぜひ時間をかけて観光してみましょう。ちなみに、アンコールワットで見る朝日はとても神秘的です。

 

シンガポール / シンガポール(3泊5日)

photo by shutterstock

シンガポールといえば、インフィニティプールが有名な「マリーナベイ・サンズ」や、マーライオンを想像する人も多いのでは?実はその他にも、パステルカラーのかわいい家が並ぶカトン地区や、幻想的なガーデンズバイザベイのライトアップなど、魅力がたくさんあります。

 

タイ / バンコク(3泊5日)

photo by Ayuka Miyamoto

バックパッカーの聖地とも言われるタイには、世界中から多くの旅人が訪れます。中でもバンコクのカオサンロードは、アジア人のみならず欧米人からも人気。物価が安く滞在費を抑えられ、グルメも充実していることから沈没する旅人も多いのだとか。

最近ではカラフルに輝くマーケット「タラートロットファイ・ラチャダー」や、天井が宇宙のようだと話題の「ワット・パクナム」が人気を集めています。

 

ベトナム / ダナン(3泊5日)

photo by Abe saxophone

リゾート気分を味わいたいけれど、ハワイなどは費用がかさむからなるべく近場のアジアで済ませたい。そんな人には、ベトナムダナンがおすすめです。人の少ないビーチでのんびりでき、海を望めるホテルも格安で泊まることができます。

また車で30〜40ほどでランタン祭りは行われるホイアンにも行けるので、女子旅にもぴったり。

 

フィリピン / セブ島(4泊5日)

photo by Janey

留学先としても人気を集めるセブ島は、何と言っても美しいビーチが魅力です。周りには日帰りで行ける離島もたくさんあるので、アイランドホッピングを楽しむのも良さそう。セブ島南部にある漁村「オスロブ」では、ジンベイザメに餌付けする貴重な体験もできます。

 

マレーシア / クアラルンプール(4泊5日)

photo by shutterstock

マレーシアのクアラルンプールにはLCCが就航しており、気軽に訪れることができる都市のひとつ。ピンクモスクやペトロナスツインタワーが有名で、王道の観光スポットから近代的な側面まで楽しめます。

またクアラルンプールから乗り継ぎで行けるランカウイ島は、それほど観光客が多くないためビーチや自然を存分に楽しめるのでおすすめです。

 

5日間で行けるミクロネシアの国

グアム(4泊5日)

photo by pixta

ハワイよりも旅費を抑えてバカンス気分を味わえるグアムは、学生にも人気の渡航先。日本語が通じる場面も多く、約4時間で行けるため初めての海外旅行にもぴったりです。キラキラと輝く海で泳いだりマリンアクティビティを楽しんだりできるほか、マーケットやアウトレットモールなどもあり満喫できるはずです。

 

サイパン(4泊5日)

photo by pixta

サイパンは日本とも歴史的につながりがある国。美しいビーチはもちろん、かつての歴史を学べる貴重な場所でもあります。最近では韓国1泊、サイパン3泊の組み合わせの旅も流行っているようなので、ぜひこちらの記事もチェックしてみてください!
サイパンに興味がある方におすすめの記事はこちら
【女子満足度200%】サイパン+韓国のフォトジェニックな旅をお届け!
【サイパン+韓国】の組み合わせが今かなり熱い理由とは?
卒業旅行の新定番!意外な2カ国の組み合わせとは…?

 

5日間で行ける北米の都市

ハワイ / ホノルル(3泊5日)

photo by Abe saxophone

日本人に大人気のハワイも、5日間で訪れることができます。オアフ島であれば、3泊5日でも十分楽しむことが可能。ダイヤモンドヘッドに登ったりワイキキビーチで泳いでみたり、思い切りショッピングを楽しみましょう。

最近ではLCCを使って安い航空券を購入できますし、物価が高いと言われるハワイでもAirbnbを使えば安く滞在できます。

 

アメリカ / ロサンゼルス(3泊5日)

photo by unsplash

カラッとした天気で解放感のあるロサンゼルスは、ディズニーランド・リゾートや映画「LA・LA・LAND」の撮影地として有名。映画にも登場したグリフィス天文台は夜景がきれいなスポットとして人気を博しています。

ロサンゼルスは少し前まで治安の悪さが心配されていましたが、最近は改善してきているようです。

 

アメリカ / ニューヨーク(3泊5日)

photo by unsplash

世界中から観光客が集まるニューヨークは、とにかく見どころがたくさん!3泊5日では少し短いかもしれませんが、主要なスポットはまとまっているのでタイムズスクエアやミュージアム、ブロードウェイなども楽しめます。

最近ではおしゃれなカフェや古着屋、スモーガスバーグというグルメイベントなどが注目される、ブルックリンのウィリアムズバーグも人気を集めています。

 

カナダ / バンクーバー(3泊5日)

photo by pixta

留学やワーホリ先としても人気のバンクーバーも、3泊5日で行くことが可能。自然が豊富で、旅行者が楽しめるアクティビティもたくさん用意されています。美味しいグルメも揃っていて、魅力的です。

5日間で行けるヨーロッパの国

イギリス / ロンドン(3泊5日)

photo by pixta

ヨーロッパの国々も、5日以内の弾丸旅行でも楽しめます。ロンドンは中心部に有名スポットが集まっているため、短い期間でも充実するはず。

歴史的な建物に囲まれているため、街を歩くだけで楽しめそうです。ロンドンを遊びつくした人なら、日帰りでコッツウォルズ方面を訪れるのもおすすめ。

 

スペイン / バルセロナ(3泊5日)

photo by pixta

バルセロナといえばサグラダファミリアやグエル公園など、ガウディ作品が有名。特にサグラダファミリアは建設途中の姿を見られる期間が限られているため、一度は見ておきたいところです。

スペイン料理は日本人も好きな味付が多く、バルでは気軽にお酒やタパスを楽しむことができそうです。

 

フランス / パリ(3泊5日)

photo by unsplash

エッフェル塔や凱旋門、シャンゼリゼ通りなど、パリには有名な観光スポットは目白押し。3泊5日ではあまり遠出はできないかもしれませんが、パリ市内でも十分に楽しめます。

特にルーブル美術館は1日かかっても回りきれないほど広いので、「これだけは絶対に見たい!」というお目当ての作品を決めておきましょう。

 

ロシア / モスクワ(3泊5日)

photo by unsplash

日本からモスクワまで約10時間。なんとなく冷たいイメージがありますが、ヨーロッパを思わせる街並みや、おもちゃみたいな見た目が可愛い聖ワシリイ教会など、観光が楽しい街でもあります。

ちなみに筆者はモスクワまで激安の航空券をとった結果、トランジットが22時間という過酷なフライトを経験しました……。

 

5日間で行けるオセアニアの国

オーストラリア / ケアンズ(3泊5日)

photo by shutterstock

LCCも就航しているオーストラリアは、比較的治安もよく手軽にリゾート気分を味わうにはぴったり。グレートバリアリーフの中に浮かぶグリーン島、ミコマスケイなどにも日帰りでいくことができます。

 

ニュージーランド / ウェリントン(3泊5日)

photo by abe saxophone

忙しい生活に疲れた人に、おすすめしたいのがニュージーランド。可愛い動物に癒されたり、ゆっくりとコーヒーを飲んだり贅沢な時間を過ごせます。ウェリントンは世界のコーヒーの街に選ばれたこともあるほど、カフェが豊富なんです。

 

5日間で旅行できる国はたくさん!

5日間のおやすみがあれば行ける国は、意外とたくさんあります。深夜便を利用したり現地での移動手段を考えるなど、時間を有効活用する方法はさまざま。

限られた時間でも、満足できる旅ができるはずです。素敵な旅にしてくださいね!

関連記事リンク(外部サイト)

海外に住む日本人から「自分の生きたい様に生きる事」を気づかされた世界一周
旅行に対する隠れた本能がわかる30のサイン
世界一周を実現させる15の準備と計画
バックパッカーに大人気「タイ / バンコク」にある超オススメairbnb物件8選

access_time create folder生活・趣味
local_offer

TABIPPO.NET

「TABIPPO.NET」は、旅人のネットワークを活用して世界一周や世界遺産・絶景、海外旅行のハウツー情報などを発信しているメディアです。世界一周経験者や旅人が自身の経験を元にコンテンツメイクしていくことで、これから旅をしたい人の背中を押す情報を信頼性・希少性を突き詰めて発信しています。

ウェブサイト: http://tabippo.net/

TwitterID: TABIPPO

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧