阪急阪神不動産がインドネシアジャカルタに事業進出、阪急阪神HDが海外複合施設の運営管理に本格参入

access_time create folder生活・趣味


阪急阪神不動産は、インドネシア・ジャカルタの商業・オフィス・ホテル複合施設「プラザインドネシアコンプレックス」、JKT48 劇場や映画館等が入居する商業施設「fX スディルマン」を保有・運営する現地事業体に出資。海外での複合施設等の運営・管理に本格参入する。
<不動産/建設/土地活用>
https://tetsudo-ch.com/tag/realestate
両施設は、東南アジア有数の世界都市ジャカルタ市内の中心地区 CBD(Central Business District)にあるメイン通りに面し、4月に開業したばかりのインドネシア初の地下鉄 ジャカルタ都市高速鉄道 MRT南北線 の駅前という好立地に位置。
両施設の運営・管理は、インドネシアにおける不動産開発最大手の Bumi Serpong Damai(ブミ・スルポン・ダマイ)社(Sinarmas Land(シナルマス・ランド)社傘下)等と共同で行う。
阪急阪神不動産は、2015年から本格的に海外の住宅分譲事業を推進。これまで東南アジア5か国で2万6000戸を超える事業に参画。阪急阪神ホールディングスグループがこれまで培ってきた不動産事業のノウハウを活かし、海外での開発・賃貸事業を本格的に展開していく構え。

関連記事リンク(外部サイト)

日立、イタリアでデジタルチケッティングソリューションを実証実験
オーストラリア シドニーメトロノースウェスト線が5/26開業、丸紅が出資
京葉車両センター武蔵野線205系M35編成、EF64 1030に引かれてジャカルタへ_投稿続々【動画/画像】

access_time create folder生活・趣味
鉄道チャンネル

鉄道チャンネル

鉄道チャンネルは、いつでも鉄道に浸れる!鉄道ファンのための鉄道専門チャンネル。多彩なジャンルの鉄道ニュースを毎日配信中!

ウェブサイト: https://tetsudo-ch.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧