トッテナム獲得選手の歴代移籍金ランキング!

access_time create folderエンタメ
トッテナム獲得選手の歴代移籍金ランキング!

 今夏、約1年半ぶりに新戦力としてフランス代表MFタンギ・エンドンベレを獲得したトッテナム・ホットスパー。オリンピック・リヨンへ支払った移籍金はクラブ史上最高額となる5400万ポンド(約73億円)と伝えられ、話題になった。
 そこで今回は、トッテナムがこれまでに獲得してきた選手たちの移籍金をランキング方式で紹介していく。

9位 ダレン・ベント
獲得時期:2007年夏
前所属:チャールトン
移籍金:2228万ポンド(約30億2000万円)
8位 セルジュ・オーリエ
獲得時期:2017年夏
前所属:パリ・サンジェルマン
移籍金:2250万ポンド(約30億5000万円)
7位 ルーカス・モウラ
獲得時期:2017年夏
前所属:パリ・サンジェルマン
移籍金:2556万ポンド(約34億6000万円)

4位 ソン・フンミン
獲得時期:2013年夏
前所属:ローマ
移籍金:2700万ポンド(約36億6000万円)
4位 エリック・ラメラ
獲得時期:2013年夏
前所属:バイエル・レバークーゼン
移籍金:2700万ポンド(約36億6000万円)
4位 ロベルト・ソルダード
獲得時期:2013年夏
前所属:バレンシア
移籍金:2700万ポンド(約36億5000万円)


3位 ムサ・シソコ
獲得時期:2016年夏
前所属:ニューカッスル・ユナイテッド
移籍金:3150万ポンド(約42億7000万円)
当時クラブレコードの移籍金で獲得するも2年間、レギュラーに定着できず、指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ監督からも「今季は構想外だった」と言われたシソコ。昨年夏のプレシーズンツアーに同選手を帯同させなかったほどだった。
しかし負傷者の続出により、出場機会を得ると強靭なフィジカルを武器に中盤における救世主となった。

2位 ダビンソン・サンチェス
獲得時期:2017年夏
前所属:アヤックス
移籍金:3600万ポンド(約49億円)
エンドンベレを獲得するまでクラブ史上最高額で獲得した選手だったサンチェス。19歳の時にはバルセロナからのオファーを受けるも断ったことでも有名だ。
昨季は怪我での離脱もあったが、公式戦37試合に出場している。

1位 タンギ・エンドンベレ
獲得時期:2019年夏
前所属:リヨン
移籍金:5400万ポンド(約73億円)
2017年にアミアンからリヨンに移籍したブレイクしたエンドンベレ。豊富な運動量と高いボール奪取能力だけでなく、相手をいなす効果的なドリブルも魅力的なMFだ。今シーズンはリヨンで公式戦49試合に出場し、3ゴール8アシストを記録した。
 
 


関連記事リンク(外部サイト)

ウーデゴール、ドイツよりもスペインでのプレーを希望か!来週にもソシエダ移籍発表へ
現在フリーのモントリーボ、古巣アタランタが獲得オファー
マンC、今日にもロドリの契約解除金支払いへ!

access_time create folderエンタメ
local_offer
FOOTBALL TRIBE

FOOTBALL TRIBE

フットボール・トライブ日本語版にようこそ。唯一のアジアに拠点を持つ国際的なサッカーメディアとして国内外の最新ニュースをお届けします。

ウェブサイト: https://football-tribe.com/japan/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧