中日応援歌「お前」問題に立川志らくが激怒「お前こそどうかしてる」

access_time create folderエンタメ
中日応援歌「お前」問題に立川志らくが激怒「お前こそどうかしてる」

 プロ野球・中日ドラゴンズは、試合中の応援歌「サウスポー」について、歌詞に不適切なフレーズがあると中日ドラゴンズ応援団に指摘。7月1日、同応援団は球団との協議の結果、同曲の使用を当面の間自粛することを公式サイトや公式Twitterなどで発表しました。不適切とされたのは「お前」という表現らしいのですが、これについて落語家の立川志らくさんがTwitterで反応。その持論が反響を呼んでいます。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 元々この応援歌は、ピンク・レディーのヒット曲を替え歌にして使用しているもの。問題となっているのは「お前が打たなきゃ誰が打つ」というフレーズで、この中で選手を指す「お前」という表現が「選手に対して失礼ではないか?」と、与田監督などが疑問視していたとのことです。

 これに対し、怒りをあらわにしたのが落語家の立川志らく師匠。自身のTwitterで、「これは本当にナンセンス。言葉狩り。それを教育だと思っているんだったらそれこそ無教養だと思います。『お前』という歌詞が子供に悪影響って意味不明」とバッサリ。「子供を無菌状態で育てようとしている」と危惧し、「これは与田監督に皆で教えてあげないといけません」と話しました。

 さらに志らく師匠の怒りは140字では収まらず、続くツイートで「本来『お前』は神仏の前をいう語。高い敬意を持って使われていた」と持論を展開。「フランク永井の『おまえに』はどうなる?お前百まで私ゃ99までという故事は子供に教えられないのか?ブルータスお前もか、も駄目になるのか?」と、まくし立て「与田監督よ、中日球団よ、『お前こそ』どうかしているぞ」と、噺家らしくツイートを締めていました。

 また、志らく師匠だけでなく、この中日の対応には、Twitter上でも「あほちゃうか」「『あなた様』とか言えばいいの?」「ファンが離れなきゃいいけど」など、否定的な意見が多く見られます。もしかして、中日は「あなた様がお打ちにならなければ、どなた様がお打ちになられるのでしょうか!?」と、応援されたいのでしょうか……。

 ただし、志らく師匠も続くツイートでファンが選手に対し、面と向かって「お前」と呼ぶことについては「失礼だ」と言及しています。応援歌は選手に面と向かって言っているのかどうか……与田監督らは面と向かって言われているように感じているのかもしれません。

 中日ドラゴンズ応援団は「サウスポー」の自粛について「当面の間」としています。応援団が気持ちよく選手を応援でき、選手もその応援に元気付けられるような、うまい解決策が見つかるのか、見守りたいと思います。

<出典・引用>
中日ドラゴンズ応援団 公式サイト
中日ドラゴンズ応援団 公式Twitter(@dragonsouendan)
立川志らくさん 公式Twitter(@shiraku666)
※画像は立川志らくさん公式Twitter(@shiraku666)のスクリーンショットです。

(佐藤圭亮)

関連記事リンク(外部サイト)

猫による極悪非道な行為 その一部始終をカメラはとらえた!
うさぎスタッフ仕事の流儀 サボっている獣医から本を没収するこだわりとは
NASAが2019年7月3日の皆既日食を南米からネット生中継!

access_time create folderエンタメ

おたくま経済新聞

時事ネタ・おたく系コラム・ネットの話題など発信中!

ウェブサイト: http://otakei.otakuma.net/

TwitterID: otakumatch

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧