第二の故郷を見つけよう。旅先の出会いからホームステイに繋げた僕の経験談

access_time create folder生活・趣味
第二の故郷を見つけよう。旅先の出会いからホームステイに繋げた僕の経験談

こんにちは、世界一周から帰ってきて、現在は国内のアクティビティを楽しんでおります、GGです。

旅から帰国して、「一番の思い出って何?」と帰国してから質問された経験はありませんか?僕も世界一周を終えて、この質問を浴びせられることが多かったです。

そんな僕の最も心に残った出来事は、イタリアでのホームステイです!このホームステイを終え、「第二の故郷とはこういうことなのかな」と初めて感じました。

今回は、そんなホームステイを実現できた僕の経験をお伝えします!

 

「第一印象」を大切にする

Photo by GG

僕のホームステイへの道のりは、タイの遺跡にある湖の畔で進み始めました。お互い英語がそこまで上手くなかったですが、スコータイ遺跡公園内で出会ったイタリア人カップルと、ボディーランゲージを使って会話をしました。

そして、会話はお互いの母国について。 そのカップルはイタリアのシシリー島に住んでいるとのことでした。

シシリー島はイタリア南部の島です。 イタリア南部は治安が悪いイメージが強く、一人で行くのははばかられていましたが、いつか行きたい場所の一つでした。

「この人に案内してもらいたい」そんな無茶なお願いをすると、さらに話は盛り上がりました!

Photo by GG

旅をしていると、毎日のように出会いがあります。そんな時に、まず大切にしてほしいことは「第一印象」です。

当たり前のことですが、最初に面白い話をして楽しい時間を過ごせた人と、最初の会話が盛り上がらなかった人、どちらが印象に残りますか?

もちろん、英語ができるに越したことはないですが、英語ができないからといって引っ込み思案になるのではなく、とにかく出会えたこととその人との会話を楽しんでほしいです。

初対面で楽しめたのであれば、そこから縁が繋がっていくのです!

 

SNSで連絡を取り続けよう

photo by unsplash

出会って話をしただけでは、その場の楽しさだけで終わってしまいます。私が出会った後に心掛けていたことは、SNSで連絡を取り続けることです!

その場の雰囲気で泊めてあげると言われても、相手の真意は分かりません。社交辞令なのか、本気で言ってくれているのか。その判断のためにも、連絡を取り続けてみましょう!

Photo by GG

私はイタリアでのホームステイのため、2ヶ月間連絡を取り続けました。その間に相手が本気で自分を歓迎してくれているのかどうか、判断できました!

オススメの滞在時期を教え、何度も何度も予定のすり合わせをしてくれました。英語での拙いやり取りの間に、相手の親切さが伝わってきました。そういったやりとりがあって初めて、相手の地元にホームステイできる環境ができるのです!

 

恥ずかしがらずに、自分をさらけ出す

1 2次のページ
access_time create folder生活・趣味
local_offer

TABIPPO.NET

「TABIPPO.NET」は、旅人のネットワークを活用して世界一周や世界遺産・絶景、海外旅行のハウツー情報などを発信しているメディアです。世界一周経験者や旅人が自身の経験を元にコンテンツメイクしていくことで、これから旅をしたい人の背中を押す情報を信頼性・希少性を突き詰めて発信しています。

ウェブサイト: http://tabippo.net/

TwitterID: TABIPPO

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧