ポーランドの運河が美しい街「ビドゴシチ」実はオランダの景色に似てる?

access_time create folder生活・趣味
ポーランドの運河が美しい街「ビドゴシチ」実はオランダの景色に似てる?

近年、人気が高まりつつある中欧の国、ポーランド。以前と比べると、ポーランドに関する情報が増えたように感じます。しかし、まだまだ紹介されていない魅力的な街があることも確かです。

今回は首都ワルシャワから北西にある街、ビドゴシチ(Bydgoszcz)を紹介します。

 

そもそもビドゴシチはどこにあるの?行き方は?

ビドゴシチは首都ワルシャワから北西約230kmに位置し、人口約35万人を有する都市です。参考までに、東京~名古屋間は約260kmです。ワルシャワからビドゴシチへは鉄道が便利。ICで約3時間30分、TLKで約3時間50分です。ICとTLKでは所要時間以上に設備面で差があるため、なるべくICの利用をおすすめします。

ビドゴシチには空港があります! しかも、珍しいことに国際線オンリーの国際空港です。2019年5月現在、就航している国と都市は以下のとおりです。
イギリス:ロンドン(スタンステッド空港・ルートン空港)・バーミンガム・グラスゴー
アイルランド:ダブリン
ドイツ:フランクフルト
ウクライナ: キーイウ(キエフ)、リヴィウ

もともと、イギリスには多くのポーランド移民が住んでいます。一方、近年はウクライナからの移民が増えているようです。空港からビドゴシチ中心部までの所要時間はバスで約15分です。飛行機の時刻表は空港のホームページをご覧ください。

Photo by Nitta Hiroshi

ビドゴシチのもうひとつのポイントは他の観光地、主要都市から近いことです。下の表をご覧ください。
ビドゴシチ~トルン:鉄道で約1時間
ビドゴシチ~グダィンスク:鉄道で約1時間30分
ビドゴシチ~ポズナン:鉄道で約1時間30分

ビドゴシチを拠点にして、他の諸都市をめぐるのもアリだと思います。ビドゴシチはポーランド第6番目に人口の多い都市なので、宿泊施設も整っています。

 

川と運河が通る美しい街、ビドゴシチ

Photo by Nitta Hiroshi

ビドゴシチの最大の特徴は川と運河が通る街であること。街の中心地にかかる橋から見ると、まるでオランダのアムステルダムのような風景が広がります。ビドゴシチを通る川はブルダ川といい、ポーランド最長の川であるヴィスワ川の支流にあたります。

Photo by Nitta Hiroshi

旧市街から少し東に歩くと、ビドゴシチ運河が見られます。運河の周りは公園として整備され、とてものんびりとした雰囲気。歩くだけでも気持ちがいいです。ビドゴシチは川と運河を利用して、塩や木材などの貿易を通じて栄えてきました。

1 2 3 4次のページ
access_time create folder生活・趣味
local_offer

TABIPPO.NET

「TABIPPO.NET」は、旅人のネットワークを活用して世界一周や世界遺産・絶景、海外旅行のハウツー情報などを発信しているメディアです。世界一周経験者や旅人が自身の経験を元にコンテンツメイクしていくことで、これから旅をしたい人の背中を押す情報を信頼性・希少性を突き詰めて発信しています。

ウェブサイト: http://tabippo.net/

TwitterID: TABIPPO

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧