墓マイラーも訪れる?サンクトペテルブルクのおすすめB級スポット

access_time create folder生活・趣味
墓マイラーも訪れる?サンクトペテルブルクのおすすめB級スポット

サンクトペテルブルクはロシアの第二の都市。エルミタージュ美術館やマリンスキー劇場など、ロシアらしい豪華な建築群にあふれています。その一方、日本人観光客には知られていないB級スポットもあります。

今回は少し通向けのサンクトペテルブルクB級スポットをお伝えします。

 

1. イケてる店が多い新名所、新オランダ島

Photo by Nitta Hiroshi

近年、サンクトペテルブルクにオープンした観光スポットとして新オランダ島が挙げられます。新オランダ島の敷地面積は東京ドームの2個分。周りは運河で囲まれており、長崎県の出島に少しだけ雰囲気が似ています。

それにしても、なぜロシアなのに「オランダ島」なのでしょうか。

Photo by Nitta Hiroshi

オランダ島が築かれたのは18世紀にこと。もともと「オランダ地区」と呼ばれていたことから、当時のロシア皇帝であるピョートル大帝は「新オランダ島」と名づけました。

ピョートル大帝は「大」が付くほどのヨーロッパ好き。おそらく、運河と倉庫の風景を見て、オランダ・アムステルダムを連想したのでしょう。

Photo by Nitta Hiroshi

オランダ島で立ち寄りたいのが元刑務所の丸型の建物。こちらにはお洒落な服屋、画廊、本屋やレストランが入居しています。

特に服のセンスは秀逸!服にうるさいサンクトペテルブルク在住のロシア人も太鼓判を押すほどです。さすがに、店内での撮影はできないので、実際に訪れてみましょう。

Photo by Nitta Hiroshi

レストランもなかなかユニーク。ジョージア(グルジア)料理店やユダヤ料理店が入居しています。私はユダヤ料理店をチョイス。旧来のロシアの雰囲気とは全く異なるレストランで、おいしいユダヤ風バーガーを頂きました。
■詳細情報
・名称:新オランダ島
・住所:Admiralteyskiy Canal Embankment, 2, St. Petersburg 190000, Russia
・アクセス:ネフスキープラスペクト駅からバス5系統、22系統でバス停「Truda Square」下車。バス停から徒歩8分。
・営業時間:11:00~22:00(月曜日~木曜日)、11:00~23:00(金曜日~日曜日)
・定休日:年中無休
・電話番号:+7 812 245-20-35
・料金:年中無休
・所要時間:1時間ほど
・オススメの時期:5月~9月
・公式サイトURL:http://www.newhollandsp.ru/en

1 2 3 4次のページ
access_time create folder生活・趣味
local_offer

TABIPPO.NET

「TABIPPO.NET」は、旅人のネットワークを活用して世界一周や世界遺産・絶景、海外旅行のハウツー情報などを発信しているメディアです。世界一周経験者や旅人が自身の経験を元にコンテンツメイクしていくことで、これから旅をしたい人の背中を押す情報を信頼性・希少性を突き詰めて発信しています。

ウェブサイト: http://tabippo.net/

TwitterID: TABIPPO

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧