ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

ドアラ先生も「テンション上がりまくる↑↑」新感覚の野球観戦スタイル! ソニーのオープンイヤー型イヤホンで“ながら聴き”観戦[PR]

先月ナゴヤドームで開催された女性向けイベント『ガールズシリーズ 2019』で、中日ドラゴンズファンの梅村奈央さん、後藤理沙子さんが、ソニーの「耳をふさがない」オープンイヤー型イヤホンを使った“ながら聴き”観戦を体験。中日ドラゴンズ対北海道日本ハムファイターズの試合を、ソニーのオープンイヤー型イヤホンでラジオ実況を聴きながら楽しみました。

ドラゴンズ女子は「試合の楽しさが“倍”増しになります!」と驚き、特製の巨大イヤホンを付けたドアラも「テンションあがりまくる」とフリップでコメントしました。

<オープンイヤースタイル 特設サイト URL>
https://www.sony.jp/headphone/special/open-ear/ex/

ソニー オープンイヤー型イヤホンの解放感ある軽いつけ心地に感動 「フィット感があってつけやすい!」

今回使用したのは、ラジオと接続できる有線タイプの「オープンイヤーステレオヘッドセット STH40D」。 オープンイヤー型イヤホンを初めて装着した梅村さんは、つけるのも簡単で、軽くてフィット感があります」とコメント。後藤さんからも、「耳をふさがないタイプなので、試合中ずっとつけていても、痛くならなそうです」と、その装着感に観戦前から好評の声があがりました。

<オープンイヤーステレオヘッドセット STH40D(有線タイプ)公式サイト URL>
https://www.sony.jp/headphone/products/STH40D/

“ながら聴き”観戦を初体験!スタジアムの熱狂を味わいながら実況を聴く、新感覚の観戦スタイル

オープンイヤー型イヤホンの最大の特長は、耳をふさがずに、イヤホンから流れる音と周辺の音を同時に聴けること。梅村さんは、「イヤホンから聴こえてくるラジオ実況で、試合の楽しさがいつもの“倍”増しになります!」と興奮気味に話しました。また、後藤さんは、「周りが盛り上がっていてもちゃんとイヤホンからの音が聴こえるので、ラジオの解説と一緒に試合を楽しめます。新しいアイテムが一つ増えると、観戦の楽しみ方が広がりますよね」と、オープンイヤーで体験が拡張される魅力を語りました。

中日ドラゴンズ対北海道日本ハムファイターズの試合は白熱し、二人は応援用のミニバットを振りながら、“ながら聴き”観戦を楽しみました。

“ながら聴き”観戦をイチオシのドアラ、フリップでコメント 「実況と歓声が一緒に聞こえる新スタイル」

本試合は、4対2で中日ドラゴンズが勝利し幕を閉じました。梅村さんは、「ホームランの時、ラジオを同時に聴いていて“うわーっ!”ってなりました(笑)」と語りました。後藤さんも「私もよく友達と一緒に野球を観に行くのですが、このオープンイヤーがあると、友達との会話も広がりそう。これからは、ドアラの耳と応援グッズと一緒に、このオープンイヤーを持っていこうかなと思います!」と、すっかりオープンイヤー型イヤホンの魅力にはまった様子でした。ドアラも、“ながら聴き”観戦について「実況と歓声が一緒に聞こえる新スタイル」と、その魅力をフリップでコメントしました。

いつも球場で試合を観ている野球ファンも、野球場にあまり足を運んだことのない初心者も、ソニーのオープンイヤー型イヤホンを使って新しい野球観戦を体験できそうです。

普段使いにおすすめ!ワイヤレスタイプ(SBH82D)も新発売

試合観戦に使用したのは、ラジオと有線接続できる「オープンイヤーステレオヘッドセット STH40D」でしたが、普段使いにはBluetoothでスマホと接続できるワイヤレスタイプもオススメ。

友人との会話を楽しみながら音楽を聴いたり、家の中でも好きな音楽でくつろぎながら家族との会話を楽しめます。自分の声も聞こえるため、語学の勉強シーンでも、お手本の音声を聴きつつ自分の発音を確認することができます。買い物をする時にイヤホンを外さず店員さんと会話できるのも嬉しいですね。自分の足音や人の話し声、環境音が聞こえると、安心して音楽を聴けるシーンが一気に増えそうです。

<オープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット SBH82 公式サイト URL>
https://www.sony.jp/headphone/products/SBH82D/

ソニーのオープンイヤーステレオヘッドセットについて

ソニー独自の音導管設計*により、耳をふさがずに音楽や音声を楽しめます。音導管を通して鼓膜に効率よくプレーヤーからの音を届けるので、音漏れを抑えつつ、音楽を聴きながら周囲の音も同時に聴くことができます。

*ソニーの技術・研究開発のプログラム“Future Experience Program™” で開発。特許出願中

オープンイヤーステレオヘッドセット SBH82D(ワイヤレスタイプ)【新発売】

2019年6月8日(土)より新発売した、周囲の音を聴きながら音楽や通話を一日中楽しめる軽量コンパクトなビハインドネックデザインのオープンイヤー ワイヤレスヘッドセット。

◆主な特長
<耳をふさがないオープンイヤースタイル>
耳をふさがずに音楽を聴きながら、会話なども楽しむことができる、人気のオープンイヤースタイルです。 また、音漏れの低減も実現しているため、電車やオフィスなどでも安心して使用できます。

<軽量なビハインドネックスタイルを採用し、最大 7.5 時間使用できるバッテリーを搭載>
耳の装着部は小型で軽量・やわらかい素材を採用したビハインドネックスタイルのため、長時間使用しても疲れにくく、快適な装着感を実現します。また、最大 7.5 時間の連続再生が可能なため、ワイヤレスで長時間楽しむことがで きます。(Bluetooth(R)対応)

<コンパクトで耳にフィットするデザイン>
下掛けスタイルとリングサポーターにより、安定した装着性を実現しました。一日中つけていても、蒸れにくく快適な装着感を体験できます。

<ハンズフリー通話や音声アシスタントに対応>
ネックバンド部分に搭載したリモコンで通話や音楽再生の操作ができるほか、Google(TM)や Siri(R)の音声検索 機能も起動可能です。

<公式サイト URL>
https://www.sony.jp/headphone/products/SBH82D/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき