ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【「いだてん」第一部完結記念】今こそ見て欲しい名作『その街のこども』について

【「いだてん」第一部完結記念】今こそ見て欲しい名作『その街のこども』について

大河ドラマ「いだてん」第一部が完結し、SNSではその内容を賞賛する声が溢れています。そこで、「いだてん」のチーム演出を務める井上剛、同じく若き日の古今亭志ん生役で出演中の森山未來が主演を務めた映画『その街のこども』を今こそ多くの人に知って欲しいと思い、ご紹介いたします。

「いだてん」第一部最終回に涙したあなたに見て欲しい傑作、『その街のこども』

その街のこども 劇場版

その街のこども 劇場版

2011年1月15日より全国にて公開
2010年/日本/83分
more

大河ドラマ『いだてん』第一部が完結しました。
メディアでは、視聴率の低迷ばかりが話題にされがちの本作ですが、SNSでは高評価が目立ち、特に震災を正面から描いた第一部の後半は絶賛の声が相次いでいます。
そんな本作のチーフ演出家・井上剛と、若き日の古今亭志ん生役を演じる森山未來がタッグを組み、震災を描いた映画があります。それが、『その街のこども』です。

阪神・淡路大震災から15年が経過した神戸の街を舞台に描く男女の一夜の物語

『その街のこども』の脚本を担当したのは、映画『ジョゼと虎と魚たち』やNHK連続テレビ小説『カーネーション』を手がけたことで知られる渡辺あや。渡辺は『その街のこども』で第61回芸術選奨文部科学大臣新人賞 放送部門、第33回ヨコハマ映画祭脚本賞などに輝いています。
渡辺と井上がタッグを組んだ『その街のこども』は、 阪神・淡路大震災から15年が経過した神戸の街を舞台に描いた作品です。物語は、震災を機に街を離れていた二人の男女が、偶然出会い、二人で街を歩きながら、震災時の記憶を語り合うというシンプルなものですが、その中で語られる震災への思いが胸を打つ傑作です。
主演を務めた森山未來、共演者の佐藤江梨子、津田寛治ら俳優陣の好演も目立つほか、「いだてん」、『あまちゃん』でも音楽を担当している大友良英の音楽も印象的。
ぜひ、「いだてん」第一部に感動したという方は、『その街のこども』も見ていただきたいと思います。また、「いだてん」と同じく宮藤官九郎と井上がタッグを組んだ『あまちゃん』での震災描写も高く評価されておりますので、こちらもまだ未見の方は、ぜひ、チェックしてみてください。(なお、「いだてん」で震災が発生した第23回の演出は井上、最終話の演出は一木正恵が担当しております)。

関連記事リンク(外部サイト)

フジテレビで『万引き家族』ほか話題作が続々地上波放送に!
梅雨シーズンにおすすめ!面白い&スッキリ爽快な映画10選【2019】
【描きたい!名画座】イカすぜベイビー!スウィンギングなゴキゲンコメディ『オースティン・パワーズ』

映画boardの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき