ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

2万円で全周監視をスマホ操作できる防犯カメラ

2万円で全周監視をスマホ操作できる防犯カメラ

数年前から、スマホで遠隔操作をするネットワーク防犯カメラが登場しています。その機能は、スマホで遠隔監視ができたり、録画したデータを呼び出してスマホで再生するというもの。これを第1世代とするなら、今は第2世代といえるでしょう。2万円以下で全周監視をスマホ操作できるネットワーク防犯カメラを紹介します。

全周監視を遠隔操作できる防犯カメラ

最近の防犯カメラは、カメラ自体が大型化して、離れた場所からカメラの向きを自由に変えたり、室内の異常を自ら探り、移動する物体を追尾する機能などが盛り込まれています。いわば第2世代のネットワーク防犯カメラです。

そんな第2世代のネットワーク防犯カメラは、高価なイメージがありますが、エス・シー・エスの「C34S-X4」は実勢価格が19,980円。2万円以下で全周監視を遠隔で操作できる防犯カメラです。

タマゴ型をした本体内部にはモーターを装備して、スマホからの遠隔操作で上下90度、左右355度に撮影方向を変えて、全周方向の監視ができます。操作にタイムラグがあるので、カメラを止めたい位置でピタッと止めるには慣れが必要です。

防犯カメラをスマホで侵入者にズーム

それをカバーするのが「プリセットポジション」。監視したい方向、例えば入り口や窓の方向をメモリー(最大5か所)すれば、即座に方向を変えられます。自動追尾機能はありませんが、人感センサーが異常を検知するとスマホへ通知するといった基本機能も充実。コスパに優れた第2世代機です。

防犯カメラ本体に映像出力端子は非搭載。microSDカードに記録された録画データは、汎用アプリの「Eye4」を使い、スマホやPCで確認します。通常は室内を広く撮影できる広角にセットしておき、侵入者を検知したら防犯カメラをスマホでズーム。実際に操作しみたところ、侵入者の顔をアップにして確認できました。

映像素子は1/2.7インチC-MOSで、有効画素数は200万画素、動画解像度は1080p(15fps)です。記録方式はmicroSDカード(最大128GB)、赤外線照射距離は30m、防水保護等級はIP66。サイズ/重さは160W×262H×250D㎜/1,200gとなっています。

関連記事リンク(外部サイト)

防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
監視カメラはアプリをスマホに入れるだけでOK
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
空き巣対策をわずか数千円で実現する方法とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき