ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

新タナ遊戯生産者ヲ迎ヱ、当該地区”再開放”ス 「東京電脳特区 v1.0」レポート

tokyodennoutokku-1

「インディーゲーム作家達自身で主催し演出する」新機軸のインディーゲームイベントとして、2月23日に第1回目が開催され注目を集めた「東京電脳特区」。
6月15日、再び東京・渋谷のクラブ「青山蜂」を会場として、第2回目となる「東京電脳特区 v1.0」が開催された。会場ではインディーゲーム作家12組による12作品の展示が行われ、梅雨時の生憎の天候の中でも各タイトルに待ちの行列ができるほどの多数の来場者が訪れていた。

もぐらゲームスでは前回に引き続き「東京電脳特区」で見かけた注目作品をピックアップして紹介していくほか、会場内で実施されたゲーム大会の模様をリポートする。
また、イベント内で設けられた「試遊後のSNSでの情報拡散」の趣旨に基づき、弊誌記者陣が当日に現地より発信したtwitterのツイートをモーメントとしてまとめている。併せて閲覧頂き、イベントの様子を感じる一助としてほしい。

前回(v0.1)の記事はこちら

haco 生活『UNREAL LIFE』

2018年の「TOKYO SANDBOX」にも出展されていた、個人開発者のhaco 生活氏制作による横スクロール型アドベンチャーゲーム。

昨年の時点ではパソコン(Steam)のほか、iOS、Android向けのリリースが告知されていたが、2019年5月27日、新たにNintendo Switch版が「UNTIES(アンティーズ)」からリリースされることが発表。今回のイベントでは、件のNintendo Switch版をプレイできた。
tokyodennoutokku-2

PC版はマウスでカーソルを動かして怪しいポイントを調べ、左ボタン押しっぱなしで横にスライドするようにカーソルを動かし、主人公の少女「ハル」を移動させる特徴的な操作系になっていた。Nintendo Switch版は、コントロールスティックでハルを移動させ、Aボタンで対象を調べる操作系へと一新。当もぐらゲームスでもレビューを掲載している『返校 -Detention-』のNintendo Switch版に近い作りになった。さらにHD振動に対応。移動の際に足元の材質に合わせてコントローラが震えるようになった。
tokyodennoutokku-3

他にテキストのフォントがドット調から、スタンダードなフォントへと一新。これはhako氏いわく、多言語対応(ローカライズ)の関係で改めたとのことだ。

また、ゲームエンジンも「Unity」へと変更し、ほとんど作り直したとのこと。当初、昨年内の配信が予定されていた本作だが、イベント出展の時にパブリッシャーとの出会いがあり、その経緯を経て今回の新バージョンが作られることになったようだ。現時点での開発度は50%で、配信時期は2019年秋頃を目標にしているという。
ミステリアスなストーリー、雰囲気満点のグラフィック、信号機が案内役というユニークな設定はSANDBOXの時から健在で、今回の出展では、新エリアの海が見えるアパートも探索でき、世界観の広がりを感じられた。仕上がりの時が待ち遠しい一本だ。

(シェループ)

Website:http://www.unreal-life.net/

KSYM『寿司が走るやつ』

寿司が走るゲームである。数にして50個。
tokyodennoutokku-4

……と、作品名、内容だけでも強烈な関心を抱いてしまうこと止むなしのハイスピードレースゲーム。2019年1月15日頃、作者のKSYM氏が自らのTwitterに動画と共に公開し、大きな反響を呼んだ作品でもある。

肝心のゲームは見た目とは裏腹にとてもシビア。タッチ操作で左右の曲がる方向を調節、長押しでブレーキをかけたりしながら自走する寿司を制御し、サーキット上を進んで上位を目指すのだが、当の寿司がとんでもなく速い。他のゲームで例えるなら『F-ZERO』並。さらにガードレールに一度でも接触すれば寿司は大破。コースアウトした時も同様で、最初からやり直しになる。サーキット上にも寿司をブースト状態にする(※注:言葉通り)「醤油」、大ジャンプさせる「ワサビ」が設置されていて、プレイヤーに瞬時の制御を求めてくる。カーブも多く、ブレーキをかけ、適切な方向に調節しなければ……ご想像の通り。

1 2 3 4次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき