ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

宮崎でやりたい100のこと

宮崎でやりたい100のこと

「日本のひなた」あなたは、この言葉をどこかで聞いたことがありますか?これは今から4年前、宮崎県を全国へPRするために生まれたプロジェクトのキャッチフレーズです。宮崎では、至る所で“ひなたロゴ”を見つけることができます。

「ひなた」を漢字で書くと「日向」になります。地名でもあるように、宮崎県は神話の時代から「日向(ひゅうが)」と称されてきた土地でした。

気象庁によると、宮崎県は平均気温17.4℃、日照時間2.116時間、快晴日数53日。このデータと「日向」を合わせて、独自に設けた総合指標“ひなた指数”で全国第1位と謳っています。「宮崎を、日本のひなたのような存在へ」そんな願いを込めてプロジェクトを始めました。

しかし、悔しいことに友人の多くが「行ってみたいけど行ったことがない」と口を揃えて言います。実際に「来てくれる」人がいなければ“ひなた”を感じてもらうことはできません。

「行ったことはないけど行きたい都道府県ランキング」でおそらく上位にいるだろう宮崎県の魅力を伝えるため、あなたの背中をポンっと押せるような、そんな記事を心を込めて書きました。ぜひ、お付き合いください。

宮崎のグルメを味わう

幼少期の贅沢な定番オヤツは、“しろくまとポテトフライ”でした。


photo by Ryoko Ogata

まるでコンデンスミルクを直で飲んでいるような、甘党には堪らない「しろくま」と、好みで塩加減を調整できる少し太めに揚げられたホクホクのフライドポテト。これはもう、止まることを知らない甘味と塩味の永遠ループ。最後は、溶けたしろくまをストローでズズズッーっと綺麗に吸い上げて、やっとごちそうさま。

季節限定「しろくま」は950円、「こぐま」は530円。メニューに「こぐま」はお一人様用と書かれていますが、二人で食べても結構大満足の量です。実物を見たとき、そのインパクトにあなたもきっと驚きます。
■詳細情報
名称:コーヒーの田中
住所:宮崎県都城市西町3693
営業時間:11:00〜22:00 日曜営業
定休日:不定休
電話番号:0986-23-9671
サイトURL:https://tabelog.com/miyazaki/A4503/A450301/45000118/

 

夏にぴったり、シャーベット状“ハチミツアイス”は少し懐かしい味がします。


photo by Ryoko Ogata

蜂兵衛館には、「国産純粋はちみつ」を使用した商品がたくさん。蜂蜜はもちろん、ソフトクリームやコーヒー、コーヒー牛乳、ボーロなど、全て蜂蜜を使っています。特にほんのりと甘くてサクサクとしたシャーベット状の「ハチミツアイス」は、これからの季節にぴったりです。「はちみつソフト」と「はちみつバナナソフト」のミックスソフトもオススメ。甘すぎず、ふんわりと蜂蜜を感じられる絶妙なバランスがたまりません。
■詳細情報
名称:蜂兵衛館
住所:宮崎県宮崎市高岡町浦之名3224−8
営業時間:9:00〜18:00 日曜営業
定休日:無休
電話番号:0985-82-0211
サイトURL:https://tabelog.com/miyazaki/A4501/A450102/45004039/

 

青島「豊漁丸」、太平洋を眺めながら海の幸で“まんぷく”に。

6月中旬までの限定で、旬のウニウニ丼が食べられます。かつおだしを使用したコクのある“ウニ丼専用醤油”をかけていただきます!!!

店主は、漁師として毎朝海に潜ってウニを採ってくるこだわり。採れたての素材そのまま、あの濃厚な甘みが口の中に広がります。

また、伊勢海老やホタテ、サザエなど海の幸がどっさりと盛られた「豊漁丸セット」もあるんです。テラス席もあるので、太平洋を眺めながら宮崎の海の幸を、口いっぱいに頬張ってみてはいかがでしょうか。
■詳細情報
名称:豊漁丸(ほうりょうまる)
住所:宮崎県日南市大字富士1726
営業時間:11:00〜15:00(LO14:00)日曜営業
定休日:火曜日・水曜日
電話番号:0987-67-5299
サイトURL:https://tabelog.com/miyazaki/A4502/A450201/45007084/

 

他にも、宮崎のグルメを味わう方法

高さ60センチの巨大かき氷、実は“通”な食べ方があるんです。
・「百姓うどん」のメニューにあるうどん10人前、“将軍盛り”とは一体!?
・和やかなご夫婦が営む、青島「フジヤマプリン」。
・“食べる楽しみ”を追求した果物屋さんだからできる、宝石箱のような鮮やかなパフェ。
・「MARILIA」100%マンゴージュースは、まるで丸かじりしたような贅沢な味。
・なんと宮崎に日本一がありました。「手羽先番長」。
・「喜夢良」のトロトロチャーシューが絶品でたまらんのです。
・「うなぎの入船」のうなぎは、“ご汁”と一緒に。
・パスタなら、気さくな店員さんが丁寧に作る「わふうぱすた ガマの森」へ。
・柔らかいお餅と甘辛い胡桃味噌の相性が抜群「高千穂峡谷団子 くるみ味噌」。
・「冷汁」は、こう見えて意外と手間がかかっているご当地グルメです。

1 2 3 4 5 6次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき