AI人材育成と文理融合、埼玉工業大学オープンキャンパスに高校生たちがビビビ!

access_time folder生活・趣味


5月の大型連休が終わり、日本列島の南から梅雨入りのニュースを聞くようになると、週末の大学がにぎわいをみせる。そう。大学の雰囲気を体感できる、オープンキャンパス。
理系の工学部と文系の人間社会学部をもつ埼玉工業大学でもオープンキャンパスが始まり、初回の6月9日は予想を上回る来場者で学生も教諭たちも大忙し。
とくに今春から新たにAI専攻が設定された工学部 情報システム学科は、概要説明の教室定員をオーバーし、サテライト会場を設けるほど。
「将来、ITエンジニアになりたい」「AIを駆使してロボット研究にかかわりたい」「リアルな課題をバーチャルとの融合で解決していきたい」といった高校生たちが、IT専攻やAI専攻、電気電子専攻の各教室をまわって、学生や教諭にいろいろ質問していく。
そんな工学部のなかでも、とくに注目を集めているのが……。

自動運転分野_学内に自動運転技術開発センターを設立


大学での自動運転分野の研究は、名古屋大学や群馬大学、東京大学、金沢大学など、産官学でプロジェクトがすすむ。
埼玉工業大学もそのひとつ。AI専攻が新設されたこの春、埼玉工業大学は同時に自動運転技術開発センターを学内に新設。
工学部情報システム学科の渡部大志教授が同センター長に就任し、さらに新たに和田正義特任客員教授(東京農工大学)、大山航教授、山﨑隆治教授、服部聖彦准教授など、ロボットやAI(人工知能)関連分野を専門とする研究者も続々と参画中。
オープンキャンパスでは、レベル4対応の自動運転実験車両(トヨタプリウス)に試乗できるとあって、高校生たちの行列ができる。
渡部教授は、「自動運転レベル4対応車に初めて乗る」という高校生たちといっしょに乗り込み、自動運転のいまと近未来について話す。
クルマを降りると、各機器の役割や、レベル5へむけた課題などなど、高校生たちも聞きたいことがいろいろ……。

「ITを活かす文系」にも注目が集まる


「工業大学」という名がつく埼玉工業大学は、文系の人間社会学部でも「ITを活かす」という文理融合をめざしたカリキュラムも特徴のひとつ。
最近のニュースでは、「もともとごく普通の文系です」という情報社会学科4年 浜名貴哉さんが、マルチメディア検定(CG-ARTS)文部科学大臣賞を受賞したのも話題に。
「マルチメディア論や情報リテラシーといった授業を受けているうちに、メディアリテラシーや知的財産権といった課題に興味をもち始めました。いろいろ知りたい、検定で自分を試してみたいと思って、マルチメディア検定にトライしてみました」と浜名さん。
浜名さんの横に座る情報コミュニケーション研究室 森沢幸博教授は「マルチメディア検定は、デジタルコンテンツやICTに関する知識を評価する検定。情報技術の基礎からビジネスに直結するマーケティングやセキュリティといったカテゴリまで、広範囲で試される試験」と。
「埼玉工業大学がめざす文理融合が実ったケースのひとつ。理系文系という隔てなく学べる場がある。今後は、人文科学や情報系の科目をさらに体系的に再構成し、文理融合の学び場を広げていきたい」(森沢教授)

そして7月1日には「人工知能キックオフシンポジウム」を開催


また埼玉工業大学では、7月1日に「人工知能キックオフシンポジウム」を開催。
基調講演では、富士通 中山五輪男 理事 首席エバンジェリストが「AIビジネスの最前線と人材育成」と題してトークを展開。また、そのほかの各講演については下記のとおり。
「情報システム学科におけるAI専攻設立について」
工学部情報システム学科 曹建庭教授・井上聡准教授
「機械工学科におけるロボット・スマート機械専攻設立について」
工学部機械工学科 福島祥夫教授・河田直樹准教授
「埼玉工業大学における自動運転技術開発について」
自動運転技術開発センター 渡部大志センター長
講演会は13時~15時40分。自動運転車試乗会は16~17時。入場無料(事前申込み制)。
―――このシンポジウムのあと、オープンキャンパスが7月14日、7月28日、8月4日、8月11日、8月25日と続くから、気になる人はチェックしてみて。


関連記事リンク(外部サイト)

「埼玉を自動運転技術の集積地に」 埼玉工業大学がレベル4対応実験車を一般公開_さいしんビジネスフェア2019
後継者不足に事業継承問題、地方銀行はどう向き合うか? そのトレンドをM&Aバンクオブザイヤーからみる
いすゞエルガ エルガミオを改良、ドライバー異常時対応システムEDSSを全車標準装備

access_time create folder生活・趣味
鉄道チャンネルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧