ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

話題のGORE-TEX SHAKEDRY™を採用した、ザ・ノース・フェイスの防水シェルに注目。

話題のGORE-TEX SHAKEDRY™を採用した、ザ・ノース・フェイスの防水シェルに注目。

ボクらのマストブランドTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)から今季よりラインナップしている、GORE-TEX ファブリクスの注目の新素材を使った防水シェルはもうチェック済みですか?
機能性とデザイン性を高次元で両立し、オーバースペックながら街でも着用したくなる一着なんです。

走るための機能を追求した究極のトレラン用シェル。

ハイパーエアーGTXフーディ ¥41040
オールブラックの都会的な表情も魅力的なトレイルランニング用の防水シェル。新素材「GORE-TEX SHAKEDRY™ プロダクトテクノロジー」の採用により、抜群の透湿性と、重量わずか215g(Lサイズ)という軽量性を実現したハイスペックな一着です。

ベンチレーションも兼ねた内部へのアクセスファスナーを備えているほか、トレイルラインニングパックなどの上から羽織ることができる特殊パターンの採用など、アクティブ派必見の仕様になっています。
※生地表面は非常に繊細なため、バックパックなどをシェルの上から背負うと破れてしまう可能性が高いので要注意! 着用時は手ぶらか、小型ザックやポーチの上から羽織ることをおすすめします。


また、頭の形にフィットさせたフードのツバには形状記憶ワイヤーを通し、後頭部には絞りを調整できるアジャスターコードを取り入れることで雨天時のフード形状をしっかりとキープできるのも嬉しいところ。
 

GORE-TEX SHAKEDRY™プロダクトテクノロジーとは?

生地に使用されている注目の新素材「「GORE-TEX SHAKEDRY™プロダクトテクノロジー」」について。従来のGORE-TEX ファブリクスは3層構造となっているのに対し、このGORE-TEX SHAKEDRY™ プロダクトテクノロジーは、表生地をなくしメンブレンを露出させた二層構造を採用。これによって透湿性が格段にアップしているんです!
 
さらに撥水効果とその持続性を高め「表生地が濡れることによる重量の増加と透湿性の低下を軽減する」という新たな試みがなされた意欲作。
この作りは軽量・コンパクトになるというメリットもあり、アウトドアシーンにおいて非常に頼もしいマテリアルとして話題を集めています。

また、従来のGORE-TEX プロダクトにはないソフトな質感も特徴で、鈍い光沢感のある表情はどこか都会的で、コーディネートをスタイリッシュに演出してくれます。
日本ゴア社によると「2017年開発当時より基本的な構造は変わりませんが、耐久性が高まったことでラインナップの幅が広がりました」とのことで、このハイパーエアーGTXフーディを含め、2019SSより色んなアウトドアブランドからこの素材を採用したプロダクトが登場しています。
 

見つけたら即ゲットしたい、ザ・ノース・フェイスの一着。


最先端のハイテク素材の使用により、動きのあるシーンでの高い快適性を実現するハイパーエアーGTXフーディ。トレランや自転車などのアウトドアアクティビティにはもちろんですが、キャンプやフェス、さらには街でのエマージェンシージャケットとしても注目の一着。
かなりの人気を集め、すでに品薄状態となっているので、見つけたら即ゲットがおすすめです!
(問)ゴールドウイン カスタマーサービスセンター tel:0120-307-560 https://www.goldwin.co.jp/tnf/ec/pro/disp/2/NP11972/KD/WL/
 

関連記事リンク(外部サイト)

サーフとワークを融合した、ミクスチャーな撥水ショーツが秀逸です。
ブーツ感覚で履くサンダル。スイコックの斬新な限定モデルに注目。
GORE-TEX採用のオールスターにローカットが追加。梅雨の足元もカジュアルに!

GO OUT WEBの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき