ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

空中移動が可能なアイアンマンスーツ爆誕! 人間が装着したテスト飛行に成功

ディスカバリーチャンネルの人気番組『怪しい伝説(MythBusters)』の司会者アダム・サヴェッジ氏が、新番組『Savage Builds』の企画で実際に飛行可能なチタン製アイアンマンスーツを製作。米CNETがその過程を同社のYouTubeチャンネルにて伝えています。

コロラド鉱山大学の専門チーム協力のもと3Dプリントで作られたのは、映画『アイアンマン』に登場するシルバーカラーのマーク2を想起させるチタン製アイアンマンスーツ。

イギリス人発明家リチャード・ブラウニング氏が運営するGravity Industries提供のジェットパックを搭載し、5基の1000馬力ミニジェットエンジンにより地面から約15フィート(4.5 m)上の空中移動に成功しました。

ちなみに、ブラウニング氏は以前に自作ジェットスーツのデモ飛行を披露し「リアルアイアンマン」と話題を呼んでいましたが、今回はデザインもガチでアイアンマンに寄せてきたワケですね。

「誇張のように聞こえるかもしれないが、現実にトニー・スタークがアイアンマンのスーツを開発するなら、正にこの方法と技術を採用するだろう」と話すサヴェッジ氏は、「人生で最高に楽しかった。衝撃的だった」と、1000馬力の経験を振り返りました。

最新テクノロジーを詰め込んでパワードスーツ化すれば、災害救助などで活躍するリアルヒーローが誕生する日も遠くないかもしれませんね。

How Adam Savage built a real Iron Man suit that flies(YouTube)
https://youtu.be/U1wEO-pHizQ

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき