ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

電車内広告にAR活用、JR西日本京阪神エリアできょう6/17から実証実験スタート


ポスターや書籍などの紙媒体にスマホをかざすことで、関連する複数のデジタルコンテンツやサービスに誘導できるARサービスを、車内の中吊り広告で応用する実証実験がきょう6月17日からJR西日本京阪神エリアで始まった。
手がけたのは、リコー、リコージャパン、JR西日本コミュニケーションズの3社。
こうしたARサービスは、QRコードや特定のマーカーが不要となるため、紙面デザインを損なわずに情報を提供できる。また、紙面から誘導したコンテンツやサービスへのアクセスログを取得し、マーケティングデータとしての活用もできる。
今回の実証実験では、JR西日本京阪神エリアの電車内の中づり広告と、AR(拡張現実)サービス「RICOH Clickable Paper」のスマートフォンアプリを連動させた情報提供サービスを展開。
その第一弾は、6月17日から6月30日まで、JR西日本京阪神エリアの電車内にデジタルコンテンツと連動した360°カメラ「RICOH THETA」の中づり広告を掲載。スマホを中づり広告にかざすと、クイズが表示されるという試み。

関連記事リンク(外部サイト)

京阪6000系更新工事、ことしは16両2本に実施
京阪電鉄、3000系プレミアムカーの新造に着手
大阪 四ツ橋にJR西日本系の新ビル開業、イオンとホテルが順次オープン

鉄道チャンネルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき