ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

防犯カメラはドーム型でなくカメラ型を選ぶ理由

防犯カメラはドーム型でなくカメラ型を選ぶ理由

防犯カメラは映像解像度や夜間の赤外線照射能力などの基本性能によって分類できます。しかし、最新機種は高性能化が進んでいて、スペック上の数字は横並び状態。ただし、形状は用途に合わせた、カメラ型とドーム型に明確に分けられます。また、撮影した映像をどこ記録するかも大きなポイントです。

ドーム型の防犯カメラは威圧感が軽減

防犯カメラを一般家庭に設置する際は、これらの要素を把握しておくことが、防犯カメラを選ぶ際の重要なポイントです。そこで、家庭向け防犯カメラを選ぶための5つの分類を見ていきましょう。

防犯カメラの形状(用途)による分類には「カメラ型」と「ドーム型」があります。カメラ型は建物の外壁などに設置される一般的な防犯カメラです。カメラ然とした威圧的なスタイルはかなり目立つので、警告・抑止効果も大きくなります。レンズの周辺に、夜間撮影用の赤外線LEDが配置されているのが最近の傾向です。

一方のドーム型の防犯カメラは威圧感を軽減するデザインで、室内や玄関先などの天井に設置。主に室内で使われますが、防水加工をした屋外向けもあります。ドーム内のレンズは角度を自由に変えられるので、設置後の調整も可能です。

防犯カメラ記録方式に外部型と内部型

防犯カメラ選びで大切なのが記録方式。「外部型」と「内部型」に分類されます。さらに、ここ数年は、防犯カメラをネット回線に接続して、手元のスマホから遠隔操作する「ネットワーク型」が増えると同時に進化しています。

外部型の防犯カメラは、映像信号を同軸ケーブルを介して、外部接続のHDDレコーダーに記録。長期間の記録・データを保存できるのが特徴です。端子には外れにくいBNC端子を採用。伝送する映像方式によって複数の端子を装備する機種もあります。

内部型は防犯カメラの内部で記録できるので、ケーブルを敷設する必要がないことが最大の特徴。HDDレコーダーも不要なので設置費用が軽減されます。多いのはmicroSDカードを使用する製品。外部出力端子も付いているので両用で使えます。

関連記事リンク(外部サイト)

防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
監視カメラはアプリをスマホに入れるだけでOK
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
空き巣対策をわずか数千円で実現する方法とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき