ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

最大時速50km超!Bluetoothスピーカーも内蔵の粋な電動スケボー「Mooserboards」

日本ではその使用が制限されているが、海外では大いに活用されているという製品が存在する。たとえば、電動スケートボードはその最たる例だろう。

ここで紹介する「Mooserboards」は、日本国内の公道で使用できるものではないということは予め断っておきたい。なぜならこのMooserboards、最高時速55kmという怪物的性能を誇る電動スケボーだからだ。

・原付を凌駕する速度性能

Mooserboardsは全3種のラインナップであるが、この記事では最上位機種「Extreme Long Range」に絞って解説しよう。

先述の通り、Mooserboardsの最高時速は55km。これは使用者が搭乗した場合の数字で、製品単体では時速68kmをマークしたそうだ。原付スクーターを凌駕している速度性能である。

最大登坂能力は30度、最大移動距離は50km以上となっている。ボードの素材は竹とカナディアンメープルの複合板。120kgまでの重量に耐えることができる。

また、MooserboardsにはLEDライトとBluetoothスピーカーが内蔵されている。ライトはともかく、なぜスピーカーがあるのかはいささか不思議であるが、音楽好きの人にはたまらない仕様である。

・ロードバイクを追い抜く!

実証動画を見ると、路上でロードバイクを簡単に追い抜いている。痛快を通り越して恐怖すら感じてしまう動画だが、素晴らしい走行性能であることには変わりない。無論、日本の公道では真似できない行為であるが。

Mooserboardsは現在、クラウドファンディング「Kickstarter」で出資を受け付けている。価格は9400スウェーデン・クローナ(約10万8000円)から。配送は今年8月に行われる。

Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき