ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 福満しげゆき作品を実写化!『ヒーローマニア』豊島監督インタビュー「“ヘタレ”が自警団をやる面白さ」
  • 【動画たくさん】『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』来日イベントレポート
  • 初日満員御礼! 『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's』レポート
  • ルピタ・ニョンゴ、SFスリラー映画『Intelligent Life(原題)』に出演交渉中
  • ラーメンジェンヌ凜華せらのプロデュースラーメンも!!映画『009 RE:CYBORG』と『宅麺.com』がコラボキャンペーン開始
  • 木から落ちて抱きとめられる出会いシーンが胸キュン! 劇場版アニメ『はいからさんが通る』特報映像解禁 [オタ女]
  • 【レビュー】ずっとついてくる“それ”ってなんだ? 『イット・フォローズ』は“性”と“死”をめぐる恐ろしい“逃げゲー”[ホラー通信]
  • 爆問・田中裕二 声の仕事は実は苦手!?「相当テクニックや経験が必要な仕事」 闇の部分は相方・太田より悪いやつなところ
  • パセラに『ベルセルク』メニューが登場! グリフィス様のホワイトパスタも
  • ネットいじめにご用心! SNSで呪いが拡散する超現代型ホラー『アンフレンデッド』日本上陸[ホラー通信]
  • ステレオタイプな“ハッカー像”はもう古い! リアルなプログラミングが見れる名作映画たち
  • 【独占記事】リズ・アーメッド、映画『The Sisters Brothers(原題)』でホアキン・フェニックス、ジョン・C・ライリーと共演へ
  • “No.1愛され男子”は誰!? 中川大志らメインキャストが告白対決!『覚悟はいいかそこの女子。』舞台挨拶レポ
  • 今度の“ドラキュラ”は一味違う! コッポラ・アルジェント……厳選ドラキュラ映画5選[ホラー通信]
  • 【ネタバレ】映画『ドラゴンボールZ 復活のF』に最強のサイヤ人登場! その名称が理解不能(笑)
  • 『俺物語!!』原作者・河原和音の『青空エール』 実写映画追加キャスト&2人視点の特報解禁[オタ女] 

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

待望の「ンモー」スタンプも登場!『コボちゃん』LINEスタンプ第2弾 ミホちゃんの誕生日に発売

読売新聞朝刊に連載中の四コマ漫画『コボちゃん』(作者:植田まさし)のLINEスタンプの第2弾が本日6月14日に発売スタート! 本日はコボちゃんのかわいい妹・ミホちゃんの誕生日。第2弾は、ミホちゃんのスタンプも大幅に増えています。

2月に発売し好評だったスタンプ第1弾続き、家族や友人など親しい間柄で、日常のちょっとした連絡に使いたくなるスタンプばかりで構成。

ミホちゃんも11のスタンプで登場し、「よろしくお願いします!」「Thank you」といったあいさつのほか、「問題ありません」「お大事になさって下さい」など、ちょっと大人びた敬語のスタンプもそろえています。

そして、待望の「ンモー」スタンプも!!

価格は1セット240円(40個、税込)または100LINEコインです。

販売ページ:『コボちゃん』一家の毎日使えるスタンプ2
https://line.me/S/sticker/7763302[リンク]

さらに、朗報! スタンプ第3弾のリリースも予定しており、夏のシーンに使いやすいスタンプを予定しているとこのこと。LINE上でコボちゃんファミリーとの会話を楽しめそうです。

『コボちゃん』とは
植田まさしさん作の四コマ漫画。読売新聞朝刊社会面で1982年4月1日から掲載を続けている。2004年に全国紙では初めて四コマ漫画のカラー化を果たし、10年には連載1万回を達成した。現在連載中の一般全国紙漫画では最長を誇っている。作品では、主人公のコボちゃん(本名・田畑小穂)を中心に、両親と祖父母らが織り成す日常生活を描いている。近年では、新たな家族として妹のミホちゃんが加わったほか、コボちゃんも幼稚園から小学校に進学するなど、長期連載作品では珍しい「変化」や「成長」も見られる。

(C)植田まさし/読売新聞社

関連記事:
国民的キャラクター『コボちゃん』初LINEスタンプが2月28日発売! 妹のミホちゃんやポチも登場する40種類
https://otajo.jp/76954

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき