クレジットカード読み取り詐欺を検知!カード型ツール「Skim Reaper」が発売へ

access_time create folderデジタル・IT
クレジットカード詐欺の手口の中には、レジやATMなどにクレジットカード情報を盗み取る機器(スキマー)を仕込む「スキミング」がある。

近年、アメリカではクレジットカード詐欺被害が急増。2018年のレポートによれば12カ月で6000万件の被害があり、そのうち75%がPOSデバイスへのスキマー設置によるものだったとのこと。

フロリダ大学の研究者チームは、スキミングから消費者を守るべくスキマー検出ガジェット「Skim Reaper」を開発した。数年前に開発された同ガジェットはいくつかの調整を経て、このほど販売に至ったようだ。

・POSに通すだけでスキマー設置が検知できる

クレジットカードは、カード読み取り部の磁気特性により情報を保持している。カードをPOSデバイスに通すと、読み取りヘッドが磁気情報を読み取る。

スキミングでは、POSデバイスに情報を盗み取るための読み取りヘッドを追加することになる。

カード型をしたSkim Reaperは、POSデバイスを通ことで、読み取りヘッド数が検出できるものだ。つまり、読み取りヘッドが2つ以上検出された場合は、スキマーが設置されていることになる。

・1枚のカードですべてのPOSデバイスに対応

上述のように使い方と仕組み自体はシンプルなSkim Reaperだが、デリケートな領域なこともあり、製品化に至るまでの諸調整があったようだ。

まず、司法機関や業界パートナーと協力して、実現可能性を探るとともに、POSの規格について情報を集めた。そして、1枚のカードですべてのPOSデバイスに対応できるようにした。

また、プロトタイプにはあった表示画面をLEDに置き換えることで、読み取り状態が明確にわかるようにした。

Skim Reaperが日本で展開するかどうかは今のところ不明だが、気になる方は公式サイトから最新情報をチェックいただきたい。

参照元:The Skim Reaper Is Coming to Protect You From Credit Card Theft/IEEE Spectrum

access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧