ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

新型オービスの速度取締りで注意すべきポイント

新型オービスの速度取締りで注意すべきポイント

オービスとは、無人式の自動速度違反取り締まり装置のこと。このオービスに今、2つの大きな変化が起こっています。1つは、新型オービスと呼ばれる半可搬式/可搬式タイプが導入されたこと。もう1つが、レーザーによる速度測定が登場したことです。新型オービスの速度取締りで注意すべきポイントを見ていきます。

新型オービスはレーザーで速度測定

従来までのオービスは道路にループコイルを埋設したり、脇に鉄柱を建てたりと、大掛かりな工事が必要なため、高速道路や幹線道路に設置されることがほとんどでした。一方、近年の課題となっているのが、通学路など生活道路での事故対策。そこで登場したのが「新型オービス」です。

新型オービスは当初「固定式・半可搬式・可搬式」の3タイプがありました。固定式は標識のようにポールを埋めて設置するタイプ。半可搬式はトラックなどで移動できるタイプ。可搬式は三脚に載せて使用するタイプで、分解して移動が可能です。

そして、新型オービスのうち可搬式と半可搬式の新型オービスにはレーザーによる速度測定が導入されています。それが東京航空計器が製造する可搬式の「LSM-300」と、半可搬式の「LSM-300-HK」。導入が急ピッチで進んでいます。

新型オービスの撮影ポイントは20m

どちらの新型オービスも、撮影部は基本的には「ストロボ・カメラ・レーザースキャンセンサー」で構成されています。半可搬式には、小さく照準用カメラの開口部が見えますが、仕様はほとんど変わりません。

新型オービスのレーザーによる車両検知区間は「30mから70m」、速度違反の判定区間は「25mから30m」、撮影ポイントは「20m」です。なお、半可搬式の「LSM-300-HK」の重量は重く、移動させるには600kgに耐えうる台車などが必要になります。

そして、今では10都道府県以上で目撃されて全国で続々と導入されている新型オービスが可搬式の「LSM-300」です。当初、学校周辺の生活道路などで運用という話があったものの、フタを開けてみると幹線道路などでも目撃例が続出。高速道路での新型オービスによる速度取り締まりも報告されているのです。

新型オービスによる速度取り締まりは、可搬式で従来までのオービスのように固定されていないうえ、レーザー式のためこれまでのレーダー探知機では察知不可能。常に制限速度を守って安全運転を心がける必要があるのです。(写真/オービスガイド)

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
覆面パトカーの見分け方「ユーロアンテナ」とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき