ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SSFF& ASIA開催!子役が輝ける未来へ…【テアトル代表・白籏政道さん&別所哲也さんインタビュー】

2019年5月29日(水)から14日(金)「ショートショートフィルム フェスティバル & アジア(略称:SSFF& ASIA)2019」が開催されます。米国アカデミー賞公認の“アジア最大級の国際短編映画祭”であるSSFFでは、2016年に企業や団体の広告を兼ねて制作されたショートフィルムを表彰する部門「ブランデッドショート」を開設。4年目にあたる今年は6月11日(火)から14日(金)まで開催され、初日となる6月11日(火)には赤坂インターシティコンファレンスthe AIR にて「ネスレシアター」最新ブランデッドムービー『上田家の食卓』のプレミア発表会が行われました。

オープニングトークには、ネスレ日本株式会社代表取締役・CEO高岡浩三さん、テアトル東京アカデミー代表取締役・白籏政道さん、そして人気子役・鈴木福くん、SSFF & ASIA代表・別所哲也さんが登壇。制作までの経緯、上演作品『上田家の食卓』について話しました。

コミュニケーションもデジタル化しつつある現代に合わせオウンドメディアを立ち上げ、コンテンツのひとつとしてショートフィルム制作に取り組んだと話す高岡さんは『上田家の食卓』について、「たとえ同じものを食べたとしても遺伝子や生活環境によって吸収される成分は変わります。そのため、個人に合った栄養を摂取することが大切です。今回はAIを使って“必要な栄養素”を分析してくれる様子を伝えたいと思い、『上田家の食卓』の制作をお願いしました」と経緯を話しました。

このように“製品を知らない人と企業をつなぐコミュニケーション”の手法としても利用できるショートフィルムについて、俳優としても活躍する別所さんは「(自分は)映像側にいるけれど、新しい分野を一緒に開拓させていただいたと思います」と振り返りました。

鈴木福くん

続いて、テアトル東京アカデミー代表取締役・白籏政道さんと鈴木福くんが登場。

自身もショートフィルムの出演経験があり、よく視聴する鈴木福くんは「ショートフィルムとして数多くの作品が作られるということは、“テレビに出たい“という(子役の)夢を叶える場所がたくさんできること。レッスンでの頑張りを見てもらうだけでなく、共演させていただく方から学べる学びの場所が増えるのはいいことだと思います」と人気子役ならではの視点で話しました。

『上田家の食卓』第1話上映会

MEGUMIさん

続いて行われたのは『上田家の食卓』第1話の上映会。『上田家の食卓』とは、上田家の朝の食卓での会話から“ちょっと大切なコト”にたどり着く、個性溢れる家族が贈る愛のコメディシリーズです。1話5分の内容が全5話、「ネスレシアター」で順次、無料配信されます。

イベントでは第1話上映のあと、監督を務めた平林勇さん、出演者よりMEGUMIさん、堀部圭亮さん、筒井真理子さん、子役・木村皐誠くんが登場。撮影時のエピソードを語りました。

1 2 3次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき